高瀬渓谷尾入沢(2007.8.12)北アルプス専科

トレーニング山行のお誘いがあり、高瀬渓谷尾入沢に入渓することになった。記録の無い沢を遡行するとの事であるが、記録が無いだけに腐れ沢の可能性も高そうである。終了点の北葛沢にかかる橋の付近に車をデポするついでに、観察すると水量が少ないので、コースは尾入沢左股源頭経由一ノ沢、北葛沢に決定となる。尾入沢大橋から適当に急斜面を下って取り付きに至る。この沢は予想より水量が少なかったようで皆唖然としている。紅一点「あ」さんを先頭に入っていく。砂防堰堤が続き右岸から高巻いたりして登るが、最後のほうはフトン籠でできた堰堤なので直接乗り越える。ここまでの沢は歩きやすくて素人の自分にも特に問題は無い。下界は熱地獄だろうが沢の中は涼しくて爽快である。休憩をはさんだ後、目印の二股へ到着。

ここからは水も無くなり「藪歩き」が始まることになる。標高差にして300m程度のものであるが、地図読みを誤ると目的のコルにたどり着けずにかなり上部まで登らされることになってしまうが、急な藪にあえぎながらも11時には無事にコルに取り付いて昼食をとる。後は南西方向を目指して一ノ沢と合流して北葛沢を下るのみだ。クマザサなどにつかまりながら高度を落として一ノ沢へ入り込む。ところどころ伏流する一ノ沢から北葛沢と合流してしばらく歩くとゴルジュに阻まれた喉のような部分に出くわしてしまう。水量が少ないと見当をつけたのは川の下部の広くなった部分である。ダムの放出のような勢いであるため、川を行くのは危険との判断に至り、左岸を大高巻きすることになる。

潅木と岩につかまりながらジリジリと高度を上げるが、上部の様子は崖のようで、あまり良くなく、どん詰まりの様相を呈している。ここでロープを出して2回のトラバースに入る。リードは軽快な身のこなしの「あ」さんでありとても心強い。さて、ここで再び高巻くか検討した結果「あ」さんの判断で懸垂下降に入る。降り口がほぼ垂直なので緊張する。結果的には5メートルほどロープが足りなかったが無事、川原に降り立つことができた。これで難所は終了。川を歩いて自動車を回収する。最後まで気を抜くことができないのがSHL流であった。次回はゴルジュを浮輪を利用して突破するとのことだ。やれやれ。

入渓

尾入沢の水量は少ない

いきなり堰堤

遡行

遡行

堰堤は4個越えた

二股

地図読みスタート

森の守り神

北葛沢合流で終了のはずが

水量が多くて渡れず

大高巻

上に行き詰まり

悩んだ末に

ロープを出してトラバース

最後は懸垂下降するが30m2本では少し足りない

 

北葛沢本流

険しい渓谷

上部は空中懸垂も

装備撤収

北葛沢上部偵察

 

川原歩きで終了