黒部ダム−赤牛岳−高天原温泉−雲ノ平−薬師岳−五色ヶ原−平ノ小屋−黒部ダム(2007.8.3-8.5)北アルプス専科

しばらくぶりで単独の旅に出ようと楽しみにしていたのだが、梅雨があけないのと、台風の到来でイライラする。しかし仕事の都合もあるので後半より晴れれば良いと半ば強引に出発することにした。自家用車を回収しやすくて周遊に醍醐味を感じられる場所を選定した結果、下りでも嫌がられる読売新道を登り赤牛岳を目指すことにする。そしてここまでくれば、はずせないのが高天原温泉と雲ノ平である。黒部ダムへ戻るには薬師岳を越えるのでここも長いルートになる。少々心配であるため、ビバーク可能な装備として軽量タープとツェルトでの山行とした。

8月3日:扇沢-黒部ダム-平ノ渡-奥黒部ヒュッテ(キャンプ)【行動時間6:50】

8月4日:奥黒部ヒュッテ-赤牛岳-温泉沢の頭-高天原温泉【距離:15km】【上昇:1598m 下降818m】【行動時間12:05】

8月5日:高天原温泉-雲ノ平-薬師沢-太郎平-薬師峠(キャンプ)【距離:13km】【上昇:948m 下降632m】【行動時間9:15】

8月6日:薬師峠-薬師岳-越中沢岳-鳶山-五色ヶ原(キャンプ)【距離:14km】【上昇:1477m 下降1344m】【行動時間12:00】

8月7日:五色ヶ原-平ノ小屋-黒部ダム-おまけのダム観光-扇沢【距離:14km】【下降894m】【行動時間6:10】


8月3日 曇り、夜は雨

扇沢(7:30)-黒部ダム(7:45)-平ノ渡場(11:30-12:00)-奥黒部ヒュッテ(14:20)

扇沢で、天気予報をチェックすると台風の直撃が免れたことが判明する。これから北陸方面は吹き返しがありそうだが徐々に天候は上向くと判断して7時30分始発のトロリーバスに乗る。台風の影響か乗客は少ない感じがするが、黒部ダムは結構な雑踏である。黒部ダムからロッジくろよん方面に向かう物好きは自分ひとりだけであった。黒部湖をへつるように取り付けられた登山道は、地形図で見る水平移動とは異なり、細かいアップダウンが多くて嫌になる。無数に入り込む沢は崩落しているので登山道の整備も大変であろう。関西電力が行っているとのことである。空は天気予報の雨とは異なって曇天である。台風の影響の強風も谷の奥では関係が無い。平ノ渡場では、12時の渡し舟に間に合うように到着してインスタントラーメンの昼食とする。乗客は自分ひとり、船頭さんは釣竿を出しながらアイドリング運転で進めていく。のんびりとした時間が流れていった。対岸に渡ると、登山道は、かなり厳しくなる。丸木でつくられた梯子は丈夫だとは思っても不安になる。うんざりするくらいアップダウンを繰り返した末、明るい河原に到着した。これで本日の日程は終了となる。キャンプ場でタープを張り、持参した缶ビール1本と、焼酎2本で早速宴会を行い、早々と床に就く、夜半から強い雨が降り出して不安な一夜を過ごすことになった。

黒部ダム

ダム湖

ロッジくろよん

ダム上流

平ノ渡し場

 

渡し船

 

渡し船

 

奥黒部キャンプ場

奥黒部ヒュッテ

キャンプ場周辺

ボトルはウイスキー

 

つまみ


8月4日曇りのち雨

奥黒部ヒュッテ(4:25)-1820m(5:30)-2050m(6:35)- 水準点2356m (7:35)-水準点2575m通過(8:40)-2695m(9:15)-赤牛岳(10:10)-2760(11:00)-温泉沢ノ頭(12:20)-沢へ合流(13:40)-高天原温泉入浴(15:00-15:30)-竜晶池散策(16:15)-ビバークポイント(16:30)

今日のルートは、エアリアマップによると赤牛岳まで7時間、高天原温泉まで行くとすると11時間30分ほどは歩くので早めの出発とする。朝食は、もち2個をコンソメスープで煮込んでわかめをトッピングしてみたが久々に不味いものを食った気がした。夜の大雨で今日の行動がどうなるかと心配していたが、とりあえずは曇天でホッとする。ほとんどの人が下りに使う読売新道の逆走なので少し神経が高ぶっている。まだまだ荷物が重い上に、安定した水の提供が受けられないので3リットルの水が装備に加わる。なんの変哲も無い一定の樹林帯をひたすら登るのみだが、あまりにも退屈なので、デジタルオーディオでaikoの曲を聞きながらの登りとなる。いつ降っても良いような空模様であり、1時間事の休憩のたびに少し儲かったかなと考えながら休憩した。4時間ほど登り水準点を過ぎるまでは、台風の吹き返しと思われる猛烈な風が吹いている。樹林帯を抜けた時に、この風が吹いていれば前進は不可能である。常にビバークポイントを見つけながらの行軍である。ハイマツと岩のミックス地帯にさしかかると、ついに霧雨が降りだした。そして立つのも苦しいくらいの強風である。最悪の場合はハイマツに潜り込んでビバークしようと決心して、ジリジリと高度を稼いでいく。いよいよ、岩稜地点かと思われる頃、風がピタリと収まった。霧雨くらいは我慢しよう。なにしろ温泉沢の頭まで風除けは期待できないのだから。

ところで読売新道には、1/8から8/8まで標識が立っている。7回休憩を入れれば山頂に到達すると言うことかもしれないが、とてもうるさくてうんざりする。

重荷にあえぎながら登っていくが、山頂まで高度にして、あと120mといったところでついに足が止まってしまう。おかしい、7/8の標識をすぎてから1時間近く歩いたのに、まだこんなに登らなければならないのか。休憩をとり再出発したら、10分ほどで山頂の標識に出会える。おそらく水準点で補正した時に100mの入力間違いをしたらしい。結果的にはラッキーな気分を味わえた。ガスで景色には恵まれないため、長居は無用での出発となる。温泉沢の分岐の中間点で初めて、登山者とすれ違う。2人組のパーティーは水晶小屋をベースに赤牛岳までピストンするのだという。おかしなもので、後ろに登山者を従える身分となった途端に気分が晴れた。温泉沢ノ頭の分岐へ到着する頃には再び風が強まってきた。水晶小屋非難も考えないわけではなかったが、予定通り高天原温泉を目指して足を進める。苦労して稼いだ高度は一気に落として沢へ合流する。今回は以外に水量が多くて頻繁に渡渉を強いられる。折角雨がやんだのにやはり足元は濡れることになってしまった。河原歩きに時間をとられてしまった。懐かしい高天原温泉に到着して担ぎ上げたビールを飲んでやっと人心地つくことができた。くつろいでいると勇気あるお姉さんが入浴に参上。女性専用のお湯もあるのに、なんとなく困ります。温泉から出た後に、教えてもらった竜晶の池と夢ノ平を散策に行くがまたしても雨が降り出してしまった。もう歩く気はしないのでビバーク場所を探すことにした。しかしあまりにも疲れたので、酒がうまくない。栄養補給のために持参した、玉ねぎとナスなどでカレーライスを作り、ツェルトに潜り込んで雨の中をビバークした。しかし夜中雨が降っていた

読売新道

読売新道

読売新道

裏銀座の山

黒部ダム方面

赤牛岳へ続く稜線

赤牛岳へ続く稜線

赤牛岳へ続く稜線

温泉沢

高天原温泉

高天原温泉

勇気あるひと

竜晶池

竜晶池

夢の平

夢の平

ビバークの夕飯はカレー


8月5日 曇り時々晴れ、夕方から雨

ビバークポイント(4:45)-高天原温泉入浴(5:15)-高天原山荘朝食(5:30-6:00)-高天原峠(7:20)-雲ノ平(9:00)-木道(9:50)-薬師沢小屋(11:30-12:00)-2030m(12:50)-太郎小屋(14:20-14:40)-薬師峠キャンプ場(15:00)

今日は、休養日とも言えるゆるい行程である。早速入浴に出かけて、冷え切った体を温める。入浴後、高天原山荘まで出かけると、またしても雨が降ってきた。本当に嫌になる。身支度をする登山者をギャラリーしながら、軒下で野菜入り天ぷら蕎麦をこしらえてから、のんびりと出発をすることにした。予想が当たって、出発する頃には雨がやんだ。高天原峠から雲ノ平などの花畑を楽しみながらの散策となる。しかし、雲が低く垂れ込めて山の眺望などには恵まれることが無かった。雲ノ平から薬師沢への道は急な下り坂である。滑って転倒することのないように十分に時間をかけて下ることにした。薬師沢へ降り立つと晴れ間も出て、多くの登山者で賑わっている。急ぐ必要が無いので、タープやらツェルトやらを干して乾かしたりしてからの出発となる。のんびりと歩きながら太郎の小屋でビールを購入して一息いれる。しかしまた雨が降りだした。明日のエネルギー用にと、オレンジジュースを購入して薬師峠のキャンプ場に到着した。時間も早いのでタープを張った後、明日に備えてしっかりとした夕食を作ることにした。メニューは野菜入りタラコスパゲッティーと焼きナス、そして野菜炒めなど。持参したウイスキーはほとんど手付けなしなので飲もうと思うが、明日の長丁場に脱水症状はまずかろうと、控えめにしての就寝となった

高天原山荘

山荘付近の草原

雲ノ平

雲ノ平

雲ノ平山荘

 

薬師沢

 

 


8月6日 快晴、午後夕立

薬師峠キャンプ場(4:20)薬師山荘(5:45)-薬師岳(6:35)-北薬師岳(7:30)-間山(8:50)-スゴの小屋(9:35-10:00)-スゴの頭(11:40)-越中沢岳(13:20)-鳶山(15:10)-五色ヶ原山荘(15:4-16:00)-五色ヶ原キャンプ場(16:20)

早起きをして、ジフィーズと牛丼でしっかりした朝食をとる。今日の行程は読売新道以上と踏んでいる。心がけたのは脱水症状の防止対策。アセロラティーやらスープやら飲んだ後、ミルクティーにザラメをいれてたっぷりと給水する。これはサンナビキ流の盗用か。行動食のフランスパンにはジャムバターを仕込み、300ccの水とオレンジジュースは、すぐに出せるようにポケットに詰め込んで出発する。薬師岳までは快調に登ることができる登山道である。山頂手前では薬師山荘に泊まって既に下山してくる登山者と数多く出会うことになる。昨日まで拝むことのできなかった赤牛岳やら遠くに見える槍ヶ岳を堪能しながら久しぶりの心地よいトレッキングを楽しむことになる。薬師岳のカールはスキーで滑ってみたいものである。薬師岳まで多かった登山者も北薬師岳まで来ると減ってくる。目指す五色ヶ原ははるかに遠い。スゴ乗越小屋までが半分と決めて下っていく。スゴの小屋でパンとジュースでエネルギー補給をして、4年ぶりとなる越中沢岳へ向かう。スゴの頭への登りは、逆方面から歩いた時に感じたよりもかなりきついものであった。ここから越中沢岳と鳶山を二つ越えなければ五色ヶ原にはたどり着かないのである。スキーで行くオートルートはどのようなコース取りをするのかと考えるがルートイメージが沸いてこないのが実力不足である証拠であろう。厳しいアップダウンではあるが、先行する2名のパーティーと3名のパーティーの内、1組をかわして間に入ったので気楽になる。しかし小屋泊の軽装は羨ましいものがある。今朝越えた薬師岳はもう遥か彼方である。赤牛岳も谷を隔てて遥か遠くに見えている。実によく歩いたものである。明日中にはどうしても下山しなければならないプレシャーから解放されたのは鳶山への登りに差し掛かる頃だろう。ここを越えれば、もう登りは無い。やっと山頂・・・。途端に夕立が降りだした。長居をすることもできないので、木道を早足であるいて、土砂降りの中、五色ヶ原山荘に到着した。キャンプ場の受付を済ませて、ビールを1本お買い上げ。山荘の中で飲みながら天候の回復を待つが、降ったりやんだりでなかなかすっきりとはいかない。それでも小雨になるのを待ってからキャンプ場まで急ぐ。今日は自分を含めて4組しかいない。またしてもタープを張っていたら、寒くないかとか雨大丈夫かとか珍しがられるように尋ねられる。

今日はさすがに疲れた。行動中に、約2.5リットルとジュース1リットル、そして先ほど缶ビールを1本飲んだのに体が水分を欲しがっている。持参した、最後の野菜でカレースープを大量に作り、これをつまみにウイスキーの水割りで乾杯した。またしても寝付く頃まで雨が降っていた

薬師岳から北アルプス南部を眺める

薬師岳

赤牛岳


8月7日 晴、午後夕立

五色ヶ原キャンプ場(4:50)-刈安峠(6:15)-平ノ小屋(7:05-7:15)-御山谷(9:50)-カンパ谷橋(10:50)-黒部ダム遊覧船で観光(11:00-11:30)-扇沢(12:20)-大町温泉郷

今日は下山日だ。百瀬慎太郎ではないが「山を想わば人恋し」で、里心がついてくる。単独行の登山者とあまり出会わなかったので、ほとんど人との会話がなかったのである。早々に、チキンラーメンで朝食にして、五色ヶ原から平ノ小屋へ向かう。道は歩きやすくてなだらかなので1回休憩を取っただけで、無事に平ノ渡場へたどりついた。ここは5日前に来たところだ。懐かしさも一入であるが、この先のつまらない3時間歩きは憂鬱である。言ってみれば、上高地から横尾まで歩くようなものだ。いや、歩きにくいのと、アップダウンを考えるとなお良くない。まあ仕方が無いので、再びデジタルオーディオで音楽を聴きながらヨタヨタとカンパ谷橋までたどり着いて今回の旅は終えた。と思ったが、横に観光遊覧船「ガルベ」が泊っている。折角なので観光することにした。時速30キロのスピードで、わずか15分ほどで平ノ渡まで行ってしまった。なんとも複雑な思いで眺めたが、感慨深いものもあったのである。