大滝山/鍋冠山(2007.6.28)北アルプス専科

相棒はカミュ氏とである。マイナーな山であるため当初は気乗りがしなかったとのことであるが、初めての山であるので参加することになった。前回は残雪のゴールデンウイークに大滝山経由で下山しただけであるが、登りはどうであろうか興味津々の出発になった。

三郷スカイラインの終点近くの展望台付近で舗装が終了する。ダートをしつこく1キロほど詰めると木製のゲートがありここで自動車は終了である。駐車スペースは4台ほどであろうか。身支度をして林道歩きが始まる。40分ほど歩いてようやく登山道入口とも言える冷沢分岐にさしかかる。ここからすぐに沢へ入る踏跡に導かれて5分間のタイムロスをするが、問題なく尾根に乗る。途中1回の休憩をはさみ、鍋冠山に到着する。駐車場からここまでは2時間15分である。相変わらず景色は良くなくて、山頂の道標がなければピークの特定も難しいだろう。しかし森林浴と割り切れば良い山だと思う。大滝山東尾根の大きなコブである鍋冠山は、山頂からいったん150メートルほど高度を下げてから再び大滝山へ向かうダラダラした道が続く。ここは八丁ダルミと言うらしい。登りに入ると左手のクマザサが、大きく揺れて動物の気配がある。多分クマであろう。近郊の旧奈川村に職場のあるカミュが、今年のクマの出没は昨年を遥かに凌ぐと教えてくれた。昨年の捕殺量も近年稀に見る多さだったのにそれ以上とは驚きである。クマ除けの鈴代わりに、ハーケンを2枚ぶら下げていったが、音が大きくて音色も素晴らしい。これはヒットである。念のためにホイッスルを数回鳴らして威嚇してから再び歩き始める。樹林の中なので景色こそ良くないが、足に優しい土の登山道を歩みながらのんびりと足を進めることになる。季節外れのタラの芽やコシアブラを採取しようかなどと考えながら・・・。標高2500m近くなってくるとダケカンバなどが目立ち始め高原の様相を呈してくる。ゴゼンタチバナ、ギンリョウソウ、イワカガミ、シナノキンバイなどの高山植物も美しい。若干ガスがかかっているが山頂の様子も気にかかる頃である。稜線に詰めあがると蝶ヶ岳の後に槍ヶ岳と穂高連峰が聳え立つ。登ってよかったと思える一瞬である。ピークを踏んだ後、景色の良い場所で乾杯。残雪で冷やしたビールは最高である。1時間ほどくつろいで出発。林道でヤマブキを採りながら下山となった。

駐車スペース(6:10) − 冷沢通過(6:50) − 1950m(7:40) − 鍋冠山(8:25) − 2300m(9:50) − 稜線〜山頂(10:45-11:45) − 鍋冠山(13:20) − 冷沢分岐(14:25) − 駐車スペース(15:05)

稜線からの展望

手前は蝶ヶ岳

冷沢取りつき

ギンリョウソウ

イワカガミ

なだらかな道