燕岳(2007.6.24)北アルプス専科

梅雨の晴れ間を狙って燕を目指すことにした。天気予報では曇りのち雨、早い時間に到着できれば景色が堪能できるだろうと思って出発する。駐車場には既に10台以上の車が駐車しているが大半は、昨日登った人たちのものだろう。早速身づくろいして出発する。荷物が軽いので快適な歩行が楽しめる。途中で年配の登山者に追いついたが、急ぐ旅でもないのでに富士見ベンチ付近まで雑談しながらの楽しい登山となる。稜線に出ると乱層雲が空全体を覆っているのが良くわかる。雲が高いのが幸いで、暗いながらも北アルプスの山並みが見渡せる。天候も心配なので休むことなく燕岳のピークを踏んでから、そそくさと燕山荘のテラスまで戻り乾杯の準備をする。ところがここで雨が降り出した。もちろん回復の見込みは無いため、持参したビールを急いで飲み干して下山となった。終わってみれば、連続10分の休憩も無いカモシカ山行になってしまった。

中房温泉駐車場(5:55) − 中房温泉(6:05) − 1B(6:30) − 2B(6:50) − 3B(7:20) − 富士見B (7:50) − 合戦小屋(8:15)  − 燕山荘(9:00) − 燕岳(9:30) − 燕山荘(10:00)  − 中房温泉(11:45)  − 中房温泉駐車場11:50) 

燕岳の登山道整備について思う

小学校の時を初めとして、数多く登っている燕岳合戦尾根であるが、ここ数年の登山道整備の状況は目をみはるものが多い。最初は少し急な部分に木製の梯子をかけて、1歩あたりの歩幅を同じになるようにしてくれた。そしてトラバースするように歩く部分の足場は、ねじれが無いように整備された。少しスラブ気味の岩には、歩幅に沿ってステップが刻まれているようにも思える。お年寄りから中学校の学校登山まで、大人気の山(山小屋)であるため、一歩一歩が、階段と同じなることは仕方が無いことなのかもしれない。今回、中房温泉から第1ベンチまでの間が整備された。この部分は合戦尾根の取りつきである。登り口から急登である上に樹林帯で眺めが良くないので、登山者には辛く感じられる部分である。ここが拡幅されて2車線(対面通行可能な巾)になろうとしている。そして時折展望がえられるように、木の切り払いもされているように思われる。これで良いのだろうか。そのうちに石畳化されてしまうのではないだろうか。

登山道拡幅の

過剰整備ですね

道路拡幅が進む

曇天ながら大天井

合戦小屋

槍が見えた

三角点から穂高方面 

針ノ木岳

三角点から有明山と穂高方面

燕山荘へは雪が残る

三角点にて

大天井と槍 

東沢への滑降斜面

鷲羽岳から野口五郎岳への裏銀座

遠くに鹿島槍

有明山

燕山荘への道

燕山荘にて

燕岳

水俣川滑降ルートを観察

水俣川滑降ルートを観察

ハクサンイチゲ

山頂

山頂

有明山

槍ヶ岳と笠ヶ岳