西穂高岳西穂沢(2007.6.2)

【天気】曇り

【行程】奈川渡ダム(5:30) = 新穂高温泉(6:30) − 西穂沢1800mシール装着(8:55) − 西穂沢源頭ノコル(11:45〜12:15) − 西穂沢1800m(12:40) − 新穂高温泉(15:30)

【記録】今シーズンの滑り納め、人数と場所がなかなか決まらず、お気楽に乗鞍岳へという話も出たが、最後なので西穂沢を目指そうということになった。先週の前穂高岳に引き続いて2週連続の穂高連峰であるが、等高線の詰り具合と沢の大きさから想像すると今回のほうが気が楽である。もう夏シーズンに近いので林道歩きも板担ぎである。2時間ほどでようやくシールが装着できる。曇り空であるが気温が高いのでザラメ雪が期待できそうである。今回は、足並みが揃っていないので隊を分けることになる。とは言っても、見通しの良い斜面でもあるので皆勝手に登ることになる。縦に1キロほどの隊列だと思えば問題ない。斜度の増す2450m付近から担ぎに変えたが、これが失敗で腐った雪を踏み抜いて辛い思いをする。2650mからアイゼンに変えた仲間のトレースをいただいてやっと楽になる。西穂沢の源頭のコルは、縦走路であるが、時間的な制約に加えスキーをデポして往復するだけである上、曇り空で展望が良くないためあっさりと滑降になる。ドロップポイントは板1本分の巾しかないので、自分はバックステップで3メートルほど下ってから滑降に入る。急斜面ではあるがザラメ雪なので安心だ。少し下ると沢が合流して広くなる。途中から石が多くなり、デブリの上を行くが今シーズン最後と思われる雪は十分に楽しめた。


林道はトレイルランニングシューズを履いた

西穂沢を登る

西穂沢源頭のコルへ向けて最後の登り

細いコルから上高地側(西穂高沢)を見下ろす。

ドロップポイントはスキー1本分の幅。西穂沢源頭(西穂高岳と間ノ岳のコル)から滑降ルートを見下ろす


シーハイルH氏

今シーズンの納会をかねてオートキャンプ