前穂高岳奥明神沢滑降(2007.5.27)

誘われたのは、前穂高岳奥明神沢からの滑降である。地形図も眺めずに参加を安請け合いしたものの、滑降どころか登るラインも見出せないためいったんは辞退した。前穂高岳から滑降なんてできるのだろうか。数回ピークを踏んだ頂上を思い出そうと試みるが、スキーで滑るということを全く想定したことがないので、イメージすら沸いてこない。しかし途中リタイヤを想定した自己責任で、行かれるところまでは行こうと思い立ち参加表明する。

上高地へ向かうタクシーの運転手さんから「週末の暖かい雨で、岳沢の雪はほとんど消えてしまった。」という話を聞いてブルーな気分になる。岳沢はアプローチであって核心部分ではないのでシール歩行ができないのは辛いものがある。晴天を予報していた天気予報も芳しくなく、高曇りの上に風が通り過ぎる音が耳障りである。板をザックにくくりつけて岳沢への夏道を歩き出す。夏道に雪がなく、シールを貼っての歩行ができるようになるのは岳沢ヒュッテ下の2100mくらいからであった。目指す沢の下部は広くて良さそうである。気持ちよくシールをきかせて2450m付近まで登り上げる。ここからは40度を越える斜面が山頂まで続くことになる。仲間と較べて格段に技術の劣る自分は安全対策で、早速アイゼンを装着して、大き目のピッケルに持ちかえる。滑降するにはありがたくない雪だが、歩行には硬すぎず柔らかすぎない良い雪である。昨日の踏み跡と思われるトレースにも助けられ、その後休憩することなく1時間半ほどで山頂まで登りつめた。山頂は雲が多くて快適な見晴らしとはいかないが、時間も11時前であり少し待つことにする。30分ほど待ってみたものの、回復する気配もないので滑降に入る。いきなりの40度を越える斜面は、カチカチとまではいかないものの、ザラザラガリの硬いバーンである。横滑りを加えながら少しずつ慎重に高度を落としていく。登る時にわかっていたことではあるが、斜面は最大で45度くらいあり、喉のように狭まっている場所もある。途中で薄日が差したため、ハイマツの中でザラメになるのを待っては見たがまたすぐに陽が陰ってしまう。それでも高度2700mくらいからは幾分雪が緩んできたのだろうか。少しターンにも余裕が出てきたので写真を撮りあいながら滑り降りていく。岳沢まで滑り込んで安全地帯へ到着。ガッチリと握手して上高地へ戻れば、観光地の中で場違いな二人であった。

【行程】奈川渡ダム(5:00) = 坂巻温泉 = 上高地(5:40-50) − 岳沢(7:50)   − 2400m地点アイゼン装着(8:50-9:10)   − 前穂高岳山頂(10:50-11:30)   − 岳沢(12:15)   − 上高地(14:00)

上高地

高曇り

岳沢へ向かう

先日の雨で

雪が大幅に消えてしまったとか

岳沢ヒュッテ

扇沢方面

奥明神沢取りつき

斜度を増す二股は左へ

落石があれば逃げ場所が少ない

雪は少し固い

すぐにアイゼン歩行へ

平均斜度は

40度くらいか

急なところは45度くらい

最後は直接山頂へ詰め上がる

振り返って明神岳

 最後のアイスバーン

 

山頂への詰め

前穂北尾根と奥に涸沢

 前穂高岳山頂

 上高地方面

山頂

しばらく待つも天気が冴えずに

アイスバーンを慎重に

狭い急斜面

中腹で少し雪が緩む

滑降するシーハイルのエースH氏

腰が引ける