蓮華岳(2007.5.20)北アルプス専科

先週の蓮華大沢は強風により敗退した。なかなか滑降する機会に恵まれない蓮華大沢に、またしても出動となる。反省を活かして取り付きは夏道を回避する。大分雪は減っていたが大沢小屋付近からシールを装着しての歩行が可能となる。蓮華大沢の取り付きでは先週に引き続き、顔見知りの講師が雪上訓練を行っていた。「10センチほどの新雪が降ったから気をつけるように。」とのアドバイスをもらい、大沢本流を歩き出す。二股は今回右へとルート取りを行う。見上げると狭くなっている喉の部分からデブリが発生して沢のほぼ全域が荒れているため、右端にルートを取る。上部が見えないので暗い感じがして気持ちが悪い。地形図で見ると、このあたりから200メートルくらいが核心部分であるらしい。左へ折れるように喉を過ぎると斜面も明るく開けて雪面もきれいになってくる。はるか先には雪庇が張り出している。多分あそこが沢の詰めだろうと見当をつける。雪の層は比較的安定しており快適にジグを刻む。この頃には太陽が輝きとても気持ちが良い。詰めに向かう部分は万一の雪庇崩壊を避けるために尾根筋にルートをとった。広大なバーンで下山に滑降するには、さぞかし気持ちの良いことだろう。山頂は風が強く雲が出てきているのでシールをはがしてワックスを塗り仲間を待つ。早速滑降に入りたいところだが休憩したいとの申し出により「ツェルト」を被ってスープやお茶等を飲む。強風でもやはりツェルトの中は暖かい。ドロップは往路と同じ場所と決めた。上部はアイスバーンなので緊張する。しかも期待していた広大なバーンは強風にたたかれてモナカになってしまったので慎重に降りざるを得ない。せめてもの幸いはデブリが緩んでおり快適なザラメになっていたことである。緩んだ大沢を駆け抜けて無事扇沢に到着となった。

【行程】扇沢(840) − 大沢出会い(9:10) − 蓮華大沢右俣2000m(10:00) − 蓮華大沢右俣2450m(11:30) − 蓮華岳(12:45-13:20) − 針ノ木谷出会(14:00) 

− 扇沢(15:00)

【K2 SHUKSAN:ディアミールエクスプローラー:ガルモントGライト】

右岸を担ぎで取り付く

蓮華大沢右俣は取り付きからデブリ

下部で長山協講習会

核心の喉を通過

雪がきれいになってくる

上部に雪庇

最後の200mは尾根へコースをとる

振り返る

青空だけど強風

蓮華岳山頂

記念写真

針ノ木方面へ続く稜線

デブリのザラメ

針ノ木雪渓へ戻る

針ノ木岳