蓮華大沢と針ノ木谷を転戦するも敗退(2007.5.13)北アルプス専科

家を出る時からあまり天気がよくないが、天気予報では午後あたりから晴れるとのことなので、蓮華大沢を目指すことにした。扇沢の駐車場に到着した時は6時30分過ぎだから今日は楽勝ペースである。雪は全く無いので初めから担ぎである。藪がうるさそうなのでアスファルトを歩いて行く。途中で沢沿いに歩こうか、夏道を歩こうかと悩んだ結果、ストックを回して決めることにした。結果は夏道と出た。嫌な予感はあったものの、多少の遠回りでも確実な方法であろうと自分に言い聞かす。やはり藪はうるさい上に踏み跡はない。まだ春の整備も行われていないのである。「失敗した。」と思いつつも戻る気にはなれない。途中で正規ルートを見失うが適当に藪を縫って歩いていく。赤沢付近でいい加減嫌になったので強引に突破を試みるが、背負ったスキーが藪に阻まれあえなく敗退する。仕方ないので赤沢をウロウロしてやっとのことで夏道を見つけて大沢小屋付近へたどり着いた。今日の核心部分は取り付きであろう。気を取り直して蓮華大沢に向かう。山岳センターの雪上訓練が下部で行われている。大沢を目指すのは自分ひとりだけであろう。デブリの中を足を進めるが、沢を吹き降ろす強風に苦しみながらの登りになる。出会いで雪の状況を観察するが左俣のほうが若干デブリが少ないので左俣を目指す。しかし風は更に強くなりデブリの状況も良くない。完全にモチベーションが下がり2200mあたりで下山とする。針ノ木雪渓まで戻った時には、10時30分。下まで降りると風は大分収まってきた。時間はまだ早いので、このまま帰るのも勿体無い。今度は針ノ木本谷を詰めることにする。天気は徐々に良くなっているのかもしれないと思いつつ足を進めるが、マヤクボ沢出会いに付く頃には強風とアラレで本当に嫌になった。ここで2度目の下山を決定してシールをはがす。雪面に刺したスキーが浅かったためか、強風で板が倒れて流れ出す。ストッパーのついていないスキーは、アッと言う間に加速して100mほど下に落ちてしまった。デブリで止まったから幸いしたものの結局ザラメの一番おいしそうなバーンは滑れずに終わってしまった。デブリの中でジャンプターンの練習をしながら大沢下部に戻った時には1時30分。研修会を終え下山中の山岳総合センターの講師と旧交を温めながらの敗退スキーとなった。

【K2 SHUKSAN:ディアミールエクスプローラー:ガルモントGライト】

【行程】扇沢(6:30) − 大沢小屋(8:35) − 蓮華大沢左俣2200m(10:20) − 針ノ木谷出会(10:35) − マヤクボ沢出会(12:30) − 扇沢(13:45)

入山口

腐れ雪

藪でドツボにハマる

山岳センター雪上訓練

蓮華大沢左俣

下部を見下ろす

デブリと

強風で嫌になる

赤沢

愛用のスキー

撤退を決定

針ノ木谷へ転戦

喉付近

爺ヶ岳

赤沢岳

マヤクボ沢で会で強風とアラレ

針ノ木本谷

残置されたスキー