アルプ

黒部源流ツアー(2007.4.29-5.3)

4月29日(快晴) 飛越入山−北ノ俣岳−幕営地

朝5時30分にKさんと新穂高温泉で落ち合う。自分の車をデポしてK氏の車で飛越まで向かう。トンネル手前1.8キロ地点で除雪の名残らしい雪が行く手に立ちはだかっているため、ここから板を担ぐことになる。ここに路駐している車は20台くらいあったであろう。荷物の重量が20キロプラス板なので普段のツアーよりは格段に苦しい登りになる。トンネルからの登山道は凍った雪がところどころについている。シールを貼っての歩行は不可能なので夏道沿いに登り、途中から氷化した沢に取り付いて尾根に上がる。慎重にキックステップで取り付いた藪は本日の核心部分であったかもしれない。1時間ほどのツボ足を経てやっとシールを装着。その後のだるいアップダンを繰り返しながら寺地山へ向かう。入山者は10数名だろうか。ほとんどは太郎の小屋に向かうようである。空身同然のパーティーに途中で追いつかれはしたが、北ノ俣岳への単調な登りにかかる頃にはペースがあがり、無事にトップで北ノ俣岳に到着する。稜線は風が強くて居心地が悪いので早々に幕営地へ到着する。幕営地までの滑降は先日降ったと思われる薄いパウダーが残り非常に気分が良い。すばらしい幕営地を得て、K氏の荷揚げした素晴らしいナマモノの食材を調理して宴会に入るが、先日までの疲れと、すきっ腹の酒に酔い早々に寝入ってしまう。放射冷却で寒い夜が更けた。

飛越からは取りつきが核心

遙か彼方に北ノ俣岳

北ノ俣岳

先行するツボ足組

寺地山付近は緩斜面

振り返って白山

目指すピーク

遠くに黒部五郎岳の裏側(表側?)

赤木岳稜線

赤木岳滑降

すばらしい斜面

黒部五郎

幕営地から眺める祖父岳と雲の平

そして闇テン

 

水を作る

テントから景色を満喫

まず一杯

サラミとトマト炒め

K氏特製ポトフ

 


4月30日(快晴) 幕営地−黒部五郎岳滑降−祖父岳滑降−幕営地

本日の天気も快晴である。朝7時前には幕営地を撤収して黒部五郎岳へ向かう。1時間ほど歩いたあたりで見覚えのある顔が現れる。やはりH氏であった。昨日室堂へ入山したことは承知済みであるが、まさかこんなに早い時間に出会うとはびっくりである。1日で薬師岳を越えて薬師沢でキャンプしたとのことであった。ここから黒部五郎岳への登りを同行してカールへの滑降に入る。昨年腐れ雪で苦労したため気乗りがしなかったカールも、今年は適度に雪が締まっており快適なターンを刻むことができた。西鎌へ向かうH氏とはカールの下部で別れを告げて五郎沢出会まで滑り込む。ロケーションの良い五郎沢出会でキャンプを設営してからは、祖父岳滑降へ向けて祖父沢の登りになる。直射日光が暑く、夏を思わせるような陽気の中の登りであるが、荷物をデポしてあるため軽くて救われる。祖父岳で360度北アルプスというパノラマを堪能した後は、1枚バーンを滑り降りるという、とても気持ちの良い時間を過ごすことができた。キャンプに帰着してからは、もう1つのイベントの岩魚釣りである。初めての釣りなので、手取り足取り教えてもらう予定であったが、太公望は自分の準備をすませるとさっさと出かけてしまった。仕方ないのでインチキなセットをしてから釣りに向かう。到着した時には既に1匹釣っておりニコニコ顔である。釣果は自分が2匹でK氏が4匹、食べるのには十分なのでここで終わりとなる。食事はムニエルと塩焼きを1匹ずつ食することになる。そして岩魚の刺身に挑戦。見栄えは悪いが、味の濃い刺身を堪能し、残りはアラ汁にして余すこと無く食べつくした。

 

五郎への登りにクトーをつける

稜線はアイスバーン

雲ノ平

黒部五郎の雪庇

オートルート2泊3日のH氏と遭遇

黒部の山頂

カールを滑降するシーハイルH氏

槍ヶ岳遠望

そして相棒、シーハイルK氏

黒部五郎岳

カール下部

ここでお別れ

キャンプを設営してから

沢を渡り

祖父岳へ出発

暑すぎるので夏支度

遠くに祖父岳

穏やかな登り

振り返って笠ヶ岳

そして黒部五郎岳

こちらは薬師岳

祖父岳山頂から雲の平を眺める

遠くに赤牛岳

祖父岳の大バーンを滑降するK氏

シュプール

沢を滑り込んで

キャンプへ帰還

食材の調達

初めての経験

収穫

とりあえずムニエル

気合いを入れて料理

味見中

 

タラコスパゲッティー

刺身に挑戦

 

次は定番塩焼き

刺身の残りはアラ汁に


停滞の日々(5月1日〜5月2日)

5月1日(曇りのちアラレ強風)幕営地−黒部五郎冬季小屋停滞

5月2日(アラレ強風のち曇り)黒部五郎冬季小屋停滞午後丸山付近滑降

天気予報によると、本日から2日間荒れるそうだ。前日の打合せでは、朝降っていれば幕営地で停滞、降っていなければ黒部五郎小屋を経て次の幕営地か双六まで行く予定である。

起きると、曇天で今にも降り出しそうである。テントの中での雨は切ないので早々に出発して黒部五郎の冬季小屋に向かう。小屋に付く頃には視界も悪くなり雪が降り出したため小屋に停滞することが決定的となった。先客は「ラ・ランドネ」のメンバーが4人、キャパは十分なので昼から酒を飲んで1日をつぶすことになる。

日にちは変わって5月2日、朝起きると相変わらずの強風とアラレで行動できる状態で無い。昼に行動を決定することとして、ラジオを聴きながら待つが相変わらず天気が良くなく停滞を決定する。暗い小屋では時間はゆっくりと流れため、長い時間をもてあましぎみである。

昼ごろに、プロガイドのツヴェート氏が数名率いて昼食を摂って行った。4泊5日で日本オートルートを歩いているようだ。昨日は雪の薬師越え、そして本日はアラレの中の双六までと大変そうだ。余談ではあるが帰宅後ホームページを見たら、ガイド料金は宿泊代が別で、一人7万円とのことであった。

午後2時を過ぎる頃には、天気回復の兆しが顕れる。ガスはあるもののアラレは止んだようだ。小屋の中にいるのも退屈である。五郎沢での釣りに興味を抱いた「ラ・ランドネ」のメンバー2人に釣竿を貸して岩魚を釣りに行ってもらう間、「シーハイルとラ・ランドネ」の合同ツアーを開催する。場所は近郊の丸山と五郎のカール下部の2本だけだが久しぶりの外出が慰みになった。そして、釣組の釣果は7匹である。またしてもKシェフの手によるホイル焼き等で楽しい夜は更けた。

 朝食は目玉焼きと五目ご飯などなど

悪天模様で早朝に撤収

黒部五郎冬季小屋へ逃げ込む

朝から一杯

小屋近景

停滞2日目、ラ・ランドネのメンバー

少し晴れても続かない

バーナーで暖をとる

停滞が続けば友達に(ラ・ランドネ)

雪の合間に少し滑降

シーハイル&ラ・ランドネ合同ツアー

上部はコンパスを見ながら滑降

記念に

明日は晴れ

したたり落ちる水滴で水をゲット

岩魚をゲットしたラ・ランドネのメンバーと

宴会中

ガーリックバターライス


5月3日:晴れ(黒部五郎冬季小屋−三俣蓮華岳−双六谷滑降−新穂高温泉)

最終日は快晴である。今日は下山日なので早朝6時の出発となる。歩き出して10分ほど、アイスバーンの斜登高でズルズルと滑落し、登れないのでクトーを装着する。三俣蓮華岳への登りもこの時間帯は、カチカチに凍りつき危険なので、ピッケルとアイゼンでの登りに切り替える。稜線は、なかなか緩んでこないのでアイゼンを装着したまま双六岳直前まで歩くことを強いられる。双六岳山頂まで登りあげての滑降も検討したが、雪はまだ硬いのでトラバース気味に双六谷に入ることになる。ここでチョンボ発覚。ザックにくくりつけてあったはずのストックのグリップ部分が見つからない。落としたらしいが嘆いても始まらないので応急処置としてスコップの柄とストックの下部をワイヤーとテーピングで連結してストックを補修する。双六谷は快適で2200m付近まで一気に滑り降りる。その後、大ノマ乗越までシールを貼って登りあげ最後の滑降に入る。上部重めのザラメ雪であるが滑るには苦にならない。秩父沢下部のデブリ地帯を越えてわさび平小屋の少し下までスキーで降りることができた。あとはひたすら林道を歩くのみ。車を回収する頃には雨が降り出した。

早朝の黒部五郎岳

笠ヶ岳

氷る三俣蓮華岳

薬師岳

三俣蓮華岳

アイゼン装着

朝日に輝く三俣蓮華岳

凍り付く三俣への稜線

三俣蓮華への登り

アイゼンで歩行しなければ

遠くに笠ヶ岳

三俣蓮華山頂にて

鷲羽岳

双六への稜線からの北鎌尾根

雪庇は昨年より大きい

双六への稜線

双六谷源頭滑降

双六小屋

双六谷を快適に滑降

双六谷滑降

大ノマ乗越への登り

穂高連邦

最後の滑降

大ノマ乗越を見上げる

わさび平方面

やはりデブリ

日付

当 初 予 定

行     程 

4/29(日)

飛越トンネル〜寺地山〜北ノ股岳〜【赤木岳付近幕営】

天気:快晴

新穂高温泉(5:30) = 飛越トンネル1.8キロ手前(6:45-7:00) 寺地山(10:00) − 北ノ俣岳(13:30) − 赤木平幕営地(14:15)

4/30(月)

赤木岳〜黒部五郎岳〜五郎沢滑降〜五郎沢出合(荷物をデポ)雲の平〜祖父岳〜【五郎沢出合幕営】

天気:快晴

赤木平幕営地(6:45) − 黒部五郎岳クトー装着(8:05) − 黒部五郎岳ドロップポイント(9:00) −五郎沢幕営地設営(9:50-10:50) − 祖父岳(13:30) − 幕営地帰着(14:45) − 岩魚釣(15:00-16:00)

5/1(火)

五郎沢出合〜三俣蓮華岳〜双六小屋の手前でモミ沢と樅沢の間を滑降〜【湯俣沢幕営】

天気:曇りのち強風、ガスとアラレ

五郎沢幕営地(6:40) − 黒部五郎冬季小屋(7:45) 

− 終日沈殿

5/2(水)

湯俣沢〜西鎌尾根〜雪の状態が良好なら途中千丈沢滑降(2200Mぐらいまで、登り上げ)【槍岳山荘幕営】

天気:強風アラレ、夕方近くやや曇りへ回復

沈殿 − 丸山周辺を滑降(14:20−16:00)

5/3(木)

槍岳山荘〜大喰岳〜氷河公園まで滑降〜横尾右股滑降〜横尾山荘〜上高地

天気:晴れのち曇り

黒部五郎冬季小屋(6:50) − 丸山(8:00) − 三俣蓮華岳(9:00) − 双六滑降開始(9:45) − 双六谷2200m(10:10) − 大ノマ乗越滑降開始(11:15−11:30) − わさび平小屋(12:45) − 新穂高温泉(14:00) 車を回収して入浴帰宅(18:30)