白馬乗鞍(2007.4.8)北アルプス専科

剱岳や槍ヶ岳など一緒に登った仲間と久しぶりにツアーを計画した。積もる話なども楽しみであったので、登りが比較的簡単で滑降距離が長いコースということで、定番のハクノリを設定する。ゴンドラトップでは、お決まりの自然保護に関する説明などを、自然保護のために作られたと思われる、最大の人口構築物であるロープウェイ会社のスタッフにご指導いただく。それでも30分程度は楽ができるのだから良としよう。ヘリスキーを横目に、登りはじめるが、1時間そこそこで天狗原に到着する。早速ランチテーブルを製作するが、昼食にはあまりにも早い時間である。皆ペースが違うので、それぞれにバラけることにする。まずピークから1本滑ってみる。夏道沿いのコースはモナカ気味でイマイチである。途中から正面の大斜面に入ると良いザラメである。早速コルまで登り返して気持ちの良いターンを2本刻む。お楽しみのランチは「おでんパーティー」それぞれ持ちよった材料とホットワインでくつろぎの時間が楽しめた。下山路は完璧なゲレンデ状態になっている。とても滑りやすいので、途中からヒヨドリ方面に登り返して楽しむことになる。栂池のゲレンデの雪は中間駅までで終わっていたが、終わってみれば良く滑った1日であった。