小日向山(2007.3.21)北アルプス専科

今日は快晴、当初唐松岳不帰3峰Cルンゼを滑降する仲間と同行することも考えたが、アイスバーンになっていた場合は、自分の実力では厳しいと判断して辞退したところ、「信州テレ組のツアーに合流しないか」というO氏が好意により同行させていただくことになった。登り口は最近お気に入りのコース。既に今年3回目になるので勝手知ったる道である。快晴のため気温が上がり仲間の額にも汗が浮かぶ。この時期のアウターは既にレインウェアで代用しているため自分はあまり汗をかかなくて楽である。登りのルートに、ラッセルは全く無いが、斜面の南側はクラストした斜面が弱層になり、表面5センチくらいで割れるため非常に歩きにくい。特に1500mくらいより上は斜度もきつくなり、ziguを刻む回数が増えてくる。「帰りはモナカ雪か。」と半ば諦めムードで高度を稼ぎながら、帰りの滑降ルートを物色する。尾根に乗ると唐松岳がきれいに見えている。仲間が登っているはずだが、ドロップポイントが大きな雪庇で覆われているが大丈夫だろうか?しかし青空に白い雪が美しい。山頂には昼前に着いた。白馬三山や遠くに、火打・焼山とすばらしい眺めである。金山沢にはまだ人の姿は見えていない。

今回は、掟破りの発泡酒を持参、皆で乾杯した後ゆっくりと滑降準備に入る。まずは尾根沿いに1本、ゲレンデのようにきれいに締まった雪は非常に心地よい。適度にスピードに乗りながらドロップポイントに到着する。やはり目をつけたポイントは間違っていない。ブナの急斜面のやや重パウダーを満喫しながら高度を下げる。斜度が落ちるとさすがに雪が重くなってくるが、ブナに守られた雪は腐っておらず、この時期にしては珍しい良質のスキーを堪能した。そして最後に林道を飛ばして二股へ到着してくつろいでいると、唐松組が顔を出す。不帰のルンゼを降りてきて皆ニコニコ顔である。どうやら激パウダーで、おまけにスキーで滝も通過できたらしい。

やられた。楽しかった小日向山が霞んでしまった。

小日向山山頂から白馬三山の展望

来年はここを偵察しよう

林道歩き

尾根に取り付く

疎林に目をつける

少し濃いが雪は保存されている

ここで一服

オープンバーンを見上げる

八方尾根のスキー場

小日向山

唐松岳(仲間がルンゼ滑降中)

火打、焼山

戸隠

白馬岳

観察

滑降開始

テレ組N氏

樹林はパウダーが保存されている

テラテラの部分はズレる

尾根のほうが雪が良い

 

雑木林の緩斜面

最後まで楽しめる