横前倉山シーハイルルート(2007.3.17)北アルプス専科

2006年12月号の「岳人」に「横前倉山シーハイルルート」として掲載されたルートを、カリスマF氏以下5名で楽しんできた。昨年の取材ツアーでは、二つ玉低気圧で大荒れの吹雪の中で、クラストしたモナカ雪と、途中からの土砂降りの雨に苦しめられたため、ド腐れルートのイメージがあった。しかし今回は全く違ったすばらしいルートとの思いを新たにした。そして、開拓メンバーたちの完璧なガイドにも助けられ、5時間という短時間で行動が終了した。来年もまたパウダーに恵まれたいものである。

 


【天気】

曇り時々晴れのち雪

【ルート】

北小谷風吹岳登山口デポ = 栂池スキー場 = 栂池自然園ロープウェイ終点1820m − 2196mコル − 滑降 − 唐松沢1590m − シール装着 − 風吹大池 − 横前倉山) − ハーフパイプ渡り1470m − 細尾根 − 南俣沢シール装着867m − 林道950m地点 − 北小谷風吹岳登山口

 


栂池へ向かう車中、爺ケ岳がきれいに顔を出しており快晴の様相を呈している。1週間のうちに、3回も小日向山へ向かうのもツライものがある自分の状況を察してもらったようで、目的地は横前倉山に決定となる。下山予定地に車を1台デポしてから、栂池高原のリフト乗り場へ向かう。

栂池自然園へ向かうゴンドラもバックカントリーで満員御礼である。自然園からは天狗原方面に向かうスキーヤーたちと道を分けて、ヒヨドリの上部を目指して歩き出す。天狗原へ向かうヘリスキーが空を賑わしている。ヒヨドリの裏の急斜面を1本行くことになるが、滑り始めはアイスバーンになっている。それでも途中からはアイスの上に薄いパウダーが乗り、何とか滑降することができた。中間部よりトラバースして山の神尾根に乗り、唐松沢へ向かう斜面に入る。期待はしていなかったが、北に向かう斜面はパウダーが保存されている。滑り出せば、誰も止められない気分にならないような上質のパウダーを楽しみながら唐松沢と合流した。

ここでシールを装着して、目指す横前倉山への2回目のアルバイトに入る。この頃から曇り空となり風吹大池に到着する頃には雲の中となりうっすらと雪が舞い始める。雪に埋もれた風吹大池の上を歩き横前倉山山頂を目指す。小敷池からの斜面はクラストしていたため、多少苦しみながら山頂に到着した。まだ時間に余裕があるためH氏が念入りに弱層テスト(CTH)を行い、雪崩の危険は少ないとの結論に至る。

横前倉山の大斜面は少し重い雪ではあるが、蹴散らせば雪煙が舞い上がる。薄雲の中からの陽射しと舞う雪で、斜面は見えにくいが、それぞれ思い思いのラインを描いた後は、ハーフパイプ状態の泥崖を渡る。ここをどのように渡るかもコース攻略の1つのポイントであろう。地図上の温泉マークがある細い尾根を乗り越した後、急斜面を降りる際に転倒滑落して立木で止まる。肝を冷やしてから南俣沢の橋へ到着する。

そして3度目のアルバイトである林道歩行のためにシールを装着する。しばし林道歩きの後に最後のシールを剥がす。このあたりは、雪の量も多くないが比較的滑り雪で安心しながらデポ地点に滑り込んだ。ゲレンデトップからの行動は5時間、雪質にも恵まれたためか、通常より早い時間にツアーが終了したようである。

 

栂池ゴンドラトップから

白馬乗鞍

雪は少なめ

天狗原へは向かわずに

山ノ神の上部を目指す

2072付近から

北面を滑降

高度を落とさずに

クロカン歩行

北面を見上げる

目指す横前倉山

唐松沢へ向かって

パウダーを楽しむ

唐松沢本流から登り返す

風吹大池

横前倉山

天気が怪しくなる

最後の登り

ずーっとパウダーラン

アッと言う間に

北野の集落が近づく

横前倉山:撮影シーハイルH氏