小日向山(2007.3.14) 

【天気】薄曇り強風

【ルート】豊科(7:00) = 二股(8:15-8:40) 林道終点(10:00)− − 1700m休憩(11:3-11:50) − 山頂(12:50) −  林道合流(13:30) − 二股(13:55) − 豊科(15:30)

3月になってからまた冬型が強まってきた。3日前の小日向山がとてもよいパウダーだったので、kataさんを誘って出かけることにした。平日ではあるがBBSで募集をかけたところ、todoさんも参加できるとのことである。取り付きは前回と同じの北股からである。雪は更に増えており林道も埋っている。パウダーを予感しながら充実した登りである。稜線は風にたたかれて結構きついものがある。ところどころに前回のトレースが残っていたが頼りにするほどの積雪ではない。今回狙うパウダーは前回と前々回の中間の斜面である。仲間の顔色を伺うと、当然といった顔つきで決まりである。山頂直下20mくらいでゴールにして早速滑降に入る。山頂付近は風にたたかれてクラストしている。早速目指す尾根に入るが、余りにも風が強かったためかパック気味で良質のパウダーとは行かない。雪崩れに気を使うため、沢と尾根を交互に行きかいながら高度を下げて行く。1600mを過ぎると急に沢が狭くなる。危険を回避するために尾根に戻り左側にトラバースすると、そこは昨年滑降した沢と合流する。バカファット板を持参したkataさんだけは好調だが、こちらは少し厳しい滑りである。安全地帯までおりて見上げると、当初予定した沢にはデブリが出ていたので、ルートは正解であったろう。あとは決めていたポイントに滑り込むだけである。最後になりブナ林に保存されたパウダーを再び楽しむことになる。快調に滑っていたら目の前数メートルのところで、クマが横切っていった。大きくて速くてビックリした。最後は林道のトレースを快調に下って二股へ到着した。この時期のパウダー狙いは、樹林の方が良いことを学習した。