小日向山(2007.3.11) 

【天気】薄曇りときどき雪が舞う

 

昨晩冬型が強まり雪が降ったようである。当初は空沢山から放山のツアーを予定していたが本日は荒れ模様とのことで、応用のきく小日向山に決まった。二股の駐車スペースにはスキーヤーは誰もいない。バックホーが除雪の準備をしているだけである。様子を聞くと昨晩まとまった雪になったため、除雪は行わずにしばらく様子を見てくれるらしい。しかも猿倉までは雪がつながっているといううれしい話だ。板を担がずに済んでありがたい。ここで小トラブル発生、柄澤さんのストックがない。八方尾根のレンタル屋さんでストックを借りて事なきを得る。南股経由は雪が少なくて歩きもあるんじゃないかとの憶測により、今回は北股から取り付くことになる。取り付き地点までは結構長いが、登るルートはブナの疎林と適度な斜面で非常に気分が良い。しかも天気予報に反して薄日が射しているので最高である。核心部分は1600m付近の急斜面だが登るのに危険な部分はあまり感じられない。それでも高度を稼ぐに従い、寒さが増してくる。入山口で設定しなおした高度計も100m以上狂っているところをみると、急激に気圧が下がっているようだ。山頂は想像したとおり強風で視界が無いが滑降するには十分である。早速準備を整えて滑降に入る。前回は北面を直接滑降したが、今回は降雪直後で雪崩を心配したため、とりあえず尾根沿いを下ることにする。これが、またすばらしいパウダーである。ブナの疎林帯をアッという間に通り過ぎ弾けながら林道へ滑り込んだ。

【ルート】豊科(6:30) = 二股(8:00-8:30) 林道終点(10:00)− 1300m(10:40) − 1600m(11:20) − 1700m休憩(11:50) − 山頂(12:30-12:40) − 1200m(13:35) − 林道合流(13:40) − 二股(14:10) − 豊科(16:10)