金山沢(2007.3.4) 

【天気】晴れ、時々曇り

今日は特に暖かい。天気予報でも山頂付近で3℃にもなるらしい。融雪による雪崩も心配しながらの出発となる。栂池のゲレンデトップからは、自然園経由で船越ノ頭を目指す。天気にも恵まれ、汗をかきながら高度を稼いでいく。同じ時間帯に目指すパーティーは3組くらいで10名少々であろう。しかし、はるか下に蟻の行列のように多くの人並みが見えるから今日の入山者はすごい数だ。2200mくらいの地点で金山沢を観察するとデブリが既に出ている。狙っていた場所は、時間的には到着可能なペースであったのだが危険であるとの判断により金山沢エスケープが決定となる。もう急ぐ必要もないのでゆっくりと船越のピークを踏む。山頂で何人か一緒であったが、金山沢へ向かったのは我々だけである。上部こそ締まっていた雪も、中盤からは熱で腐った雪に変わる。斜面に定着しない腐れ雪は、小雪崩となって雪面を流れていく。デブリ地帯の手前で小事件が発生する。Gがクレバスにハマリ転倒し、その上から自分の起した雪崩で埋めていくとの話は後で聞いた。助けを呼んでいる声が聞こえるが姿が見えない。声の位置で見当をつけてからツボ足で助けに向かう。浅いクレバスではあるが自己脱出は難しい状況であった。怪我が無いことを確認し、(哀れな姿を写真に納めた後)救出する。単独であったら、まずいことになっていたのだと改めて考えさせられる。高度を下げるに従い雪は更に重くなっていく。150cmの短い板を用意した自分は、あてが外れてスキーにならない。下部のデブリ地帯におびえ、雪に苦しみながら長走沢手前までたどり着く。このあたりの積雪量は、昨年のGWとあまり変わらないくらい少なくなっている。林道で遊ぶ、うっとうしいスノーモービルの音を聞きながら、ギリギリ雪のつながっている二股まで滑り込んだ。

【ルート】豊科(6:00) − 二股車デポ(7:15) = 栂池(7:30−8:00) = イブ終点駅(8:30) − 成城大学小屋(9:40) − 船越の頭(12:00-12:25) − 白馬沢本流(13:40) − 二股(14:50) 倉下の湯 − 豊科(17:50)

船越の頭

雪倉岳

クレバスに落ちた

動けない

落クレバスにザラメ雪が流れ込む

腐った雪

デブリ地帯

バームクーヘン雪

滑降