爺ヶ岳(2007.2.25) 

天気:快晴

昨年敗退した爺ケ岳をピークハントするために万全の態勢で望もうと決意する。用具は普段の装備に加えて、ピッケルとアイゼン、そして団体装備の20m補助ロープを担当する。行動中は暑くなることも予想されたため、アンダーウェアにアウターのみとした。長い行程でビバークも予想されるため、ダウンパーカーの他に、稜線で風にさらされても、良いようにアウターの上に着ることのできるヤッケも持参する。昨年の記録を見ると、水が少なくて苦労したと記録してあったので、テルモス800ccのほかに、ゼリー飲料200ccとスポーツ飲料500ccを調達する。

矢沢付近の駐車場を出発したのは午前5時、ヘッデンを装着しての出発だが、今年は雪が少なくて笹薮の中を歩き出すことになる。心配した雪も途中から増えてきて、明るくなる頃には無事に矢沢の堰堤に到着。渡渉できるか心配したが、2つ目の堰堤をすぎて無事に尾根に乗る。取り付きの尾根はクラストした部分に、水分少ない雪がうっすらと張り付いておりシールの効きがとても悪い。急斜面に取り付いてすぐに、G氏の遅れが目立つようになり、H氏の表情が厳しくなる。H氏の指示により、G氏はクトーを装着する。私もそのまま歩こうかとも考えたが、待ち時間もあるので同じタイミングでクトーを装着した。

標高1380m地点。すでに、G氏の遅れが激しいのでピークを狙うかどうするかについて検討する。会の方針としてパーティーは分けないとのことだが、まだ早朝7時であり、下山路も、往路をたどれば危険地帯は少ないことに加え、本人の強い希望もあったため単独での下山を認めることとなる。気を取り直しての再出発だが、クトーを装着したことが効果的で、かなり気分良く高度を稼ぐ。2053mピークに向かい、尾根が細くなる頃トラバースに入るが、H氏のルートは的確である。1994mのコルに到着した時点で4時間30分の経過だから良いペースだと勝手に決め付けるが、油断を許さないH氏の言葉は手厳しい。樹林帯の細い尾根を抜けると徐々にピークが近づいてくる。昨年は洗濯板のような稜線であったが今年は雪が少なくて歩きやすいので1時間程度で矢沢源頭へ到着する。F氏とH氏が弱層テストをする間(結果CTH)に、私とK氏で稜線へ先行することにする。主尾根は細いのでトラバース気味に樹林帯を抜け、ダケカンバの疎林に変わる頃に主尾根へ向かってのジグを刻むことになる。昨年、強風の中アイゼンを装着して登ったことが思い出されるが、今年は本当に楽である。振り返れば遠くに槍ヶ岳、近くに針ノ木岳が、そして目指すピークは青空に白くそびえ渡っておりまさに圧巻である。無風の中を気持ちよく高度を稼いでいく。

 昨年敗退したジャンクションピークに到着したのは11時40分。標高差にして200m少々だからピークを狙える場所に到着した。遅れ気味のK氏を待とうか?とも、考えたがここは自分のピークハントを優先させていただくこととして先に進む。高度にしてあと数10メートルでピークという所で、斜面のクラストが強くなってきた。スキーで登れないことはないが、万全を期してアイゼンを装着して山頂に到達する。

 山頂からは白沢へ向けての滑降である。上部の少しはアイスバーンであったが、数ターンするとアイスの上に薄いパウダーが乗ってくる。若干底付きするが、大斜面を思い思いにシュプールを描くことができた。まさしく「シーハイル」

矢沢源頭右俣側へ到着後弱層テストを行う。上部15cm位のところで、氷板状の弱層と70cm位のところに濡れザラメ層と思われる弱層がある。比較した場合、逃げ道のありそうな左俣側のコルのほうが安全そうだとのことで、シールを貼って移動する。

ドロップポイントで再び弱層テスト。やはり同様の弱層が見られるが、一人ずつ順番に滑降すれば大丈夫だろうとの結論に至る。視界は良好だし、このメンバーなら何かあっても掘ってもらえるだろう。

滑り出しは、上々のパウダーである。しかし自分は雪崩が怖いので、沢のセンターを行かずに、右手の樹林帯付近の滑降になる。しかしすぐにクラストしたモナカ状の雪になり手に負えなくなってくる。斜滑降とキックターンで、何とか沢のなだらかな部分まで降りてくる。3週間前には、完全に埋っていた沢も結構割れている。右手には1ヶ所大きなデブリが発生していた。堰堤からツボ足で段丘を登り、ボーゲンを併用しながら矢沢の橋にたどり着いた。

【ルート】
豊科(4:00) = 爺ケ岳駐車場(4:45-5:00) ー 矢沢堰堤(5:45) − 1380mG離脱(6:50-7:00) − 1994mコル(9:30) − 矢沢源頭2205m(10:30-10:45) − JP(11:00) − 爺ケ岳山頂(11:40-12:05) − 矢沢源頭右俣(13:30-13:45) ー シール歩行 −矢沢源頭左俣(13:55-14:10) − 矢沢1496m(14:45) − 矢沢堰堤越え(14:05-14:20) − 爺ケ岳駐車場(16:10)

通い慣れた道をヘッデンをつけて登り出す

固い雪にうっすらと雪が乗り歩きにくいのでクトーを装着した。ここで1名脱落

メンバーの足がそろわず再び敗退の不安がよぎる

弱層テストをして帰路に備える

山頂直下数10メートルは安全を期してアイゼンを装着

劔 岳

針ノ木岳方面

爺ヶ岳南峰をバックに快適なパウダーを堪能する。ここの斜面は松本平から見えるはず。


入念な弱層テストで安全を期する。何かあってもこのメンバーなら誰か掘ってくれるだろう。

安全地帯までたどり着いてから再び登り返す