高妻山(2007.2.17)

戸隠パウダーパーティーの初日のみ参加、当初合流する予定であったブナのメンバーを大橋で待つが、落ち合うことができなかったので先に出発する。仲間を待たないところは、やはりシーハイルである。大橋から林道はトレースがついており苦も無く歩くことができる。橋の分岐から前山のコルに向かっての登りも、先行トレースがあり楽ができる。途中、佐渡山へ向かうトレースを分けて1600mのコルに到着する。ここから、樹林越しに、五地蔵山や目指す高妻山への稜線が目に入る。2053mの尾根を目指すことを決めてから、150mくらいの下りに入る。先行トレースの主は、テレマーカーで乙妻山を目指すらしい。彼はシールをはずしたが、我々4名はシールをつけたまま下ることとする。尾根の取り付き部分は疎林でとても気持ちが良い。いつもラッセルしてくれる堀米さんにお礼の意味を込めてラッセルに入る。雪は膝までなく、快適なラッセルが楽しめる。ラッセルを交替しつつ2053mピークをトラバースしてコルから稜線に這い上がると、間近に戸隠山、遠くには北アルプスの山並みが飛び込んでくる。痩せた稜線は堀米さんのトレースをたどりピークハントをする。しかし、ラッセルしつつも、後続を待つ間に弱層テストを行える余力には恐れ入る。お楽しみのドロップは山頂からである。かなり斜面が厳しいが樹林帯を抜けてオープンバーンに入ると、すばらしいパウダーである。喜びで足が止まらない。新潟県と長野県を行ったりきたりしながら高妻沢を滑り降りる。高妻沢の難所は1570m付近の滝であろう。トラバース気味に慎重に抜けた後は、割れた沢にハマらないように、右へ左へと逃げながら氷沢出会いに到着した。ここでブナの三浦さんたちと合流。彼らは乙妻を滑降したようだ。一息入れて最後のアルバイトは100m少しの登りである。南に面した最後の斜面はモナカ気味であったが、幸い滑るのに困るほどの雪でなくて助かった。線路状態になった林道を走らせて本日の日程は無事終了した。

【天気】晴れのち曇り


【ルート】豊科IC(5:50) = 大橋(7:25-7:50発) − 橋(8:30) − 1600コル(9:15) − シール滑降1480m(9:45) − ラッセル − 1750m(10:30) − ラッセル − 1826mピーク(10:55) − ラッセル − 2030mコル手前(11:50) − ラッセル − 山頂(13:20-40) − 1570m滝(14:20) − 氷沢川出会1440m(14:40-50) − コル1600m(15:30) − 大橋(16:10)

朝は快晴

雪は多くない

先行トレースがあった

取りつきの藪尾根

五地蔵山

彼方に高妻

目指す尾根

稜線から戸隠が

高妻はまだ遠い

北アルプス

裾花の谷

痩せ尾根を歩く

ぶっちぎられた

乙妻に向かう尾根

最後の急斜面へ向かう

振り返る

無事ピークハント

北アルプス

妙高山

乙妻と火打方面

雨飾山

急斜面からドロップ

オープンバーンはひとりづつ

沢に阻まれてトラバース

割れている

安全地帯で

最後のひと登りがある