金山敗退(2007.2.12)

朝6時に、シールを貼って出発するが、雪が少ないせいか目指す川が渡れない。30分以上ウロウロした結果、意を決めて川に入る。なんとか無事に渡渉するが、すぐに手ごわい藪尾根に取り付かなければならない。悪戦苦闘しながらシールで頑張り、何とか稜線に乗ることができた。しばらくは快調に進めるかとも思ったが、藪が濃いので思うように高度を稼ぐことができなくて苦労する。例年なら藪は完全に埋っていることだろう。地形図で見ると、それほどに思わないのだが現地は部分的にかなり痩せた尾根である。しかも痩せた尾根の中央で大木が行く手をふさぐ。ここはツボ足で突破してからブナの原生林へ入る。中間ピークへの登りは、クラストした斜面に昨日降った雪が乗っている。

恐々とトラバース気味に取り付くと・・・・。やはり、弱層で切れて足下から雪崩れて行く。あわててUターンしてダケカンバの藪に逃げながら苦しんで登りあげる。コルまで降りて次のピークを目指そうと見上げるが、目指す稜線を直登するのには尾根が細くてロープでの確保が必要である。雪庇の下は崖なので、反対側のトラバースを検討する。仲間が偵察に行くが、雪がクレバスのように割れているとのことである。先ほどの弱層破断もあるため、ここで撤退を決定する。帰路はとりあえず往路に即して滑ることになる。上部はブナに保存されているため、なかなかのパウダーである。痩せ尾根は滑ることができないので沢に入り込む。しかし暖かさで重くなったバームクーヘン雪である。てこずりながら滑ることになる。最後に藪と急斜面に苦しみながら渡渉地点にたどり着く。最後の最後で川に落ちて足を濡らすことになってしまった。


ルート:豊科(3:45) = 栃ノ樹亭(5:30-6:00) − 大海川渡渉(6:45-7:20) − 1475m(9:50) − 1737ピーク直下(11:30-12:00) − 1157m分岐(12:50) − 藪こぎと渡渉(13:30) − 栃ノ樹亭(14:10)

渡渉地点を探す

渡渉開始

渡渉後、空身で淵を乗り越える

渡渉中

尾根末端は急傾斜

 

時間のわりに高度を稼げない

やせ尾根と藪に阻まれてシール歩行の限界

ツボ足で這い上がる

後を振り返る

ブナの原生林に出た

T山に突き上げる尾根

帰りに楽しんだツリーラン

このピークに問題が・・・

せめて、あそこまで行きたかったが

雪不足で枝ビンタの予感

決定的な雪不足

シーハイルのエース

またしても渡渉