四ツ岳−猫岳ツアー(2007.2.10)

天気:曇り時々雪

ルート:平湯温泉スキー場(6:45) − 大滝川渡渉(7:45) − 1841m(8:40) − 四ッ岳ドロップポイント2650m(11:30)  − 四ッ岳、猫岳のコル(12:50)  − 猫岳滑降(13:25)  − 夫婦松展望台(14:45) − 久手川(15:40)

今回は入山口と下山口が違うツアー。平湯トンネル先の久手牧場脇のカーブに二木さんの車をデポして平湯温泉スキー場に向かう。上高地付近まで降り続いていた季節に似合わない雨も、平湯付近から思いボタン雪に変わってくる。

天候は回復する予報ではあるがパッとしない。四ッ岳を目指すスキーヤーが駐車場に5人いる。遅れて出発するものの快調に高度を稼ぎ大滝川の渡渉地点に到着。雪は少ないが、沢の上流の喉部分がつながっているので問題はない。

すでに5人のスキーヤーはパスしているが、今朝通ったらしいトレースが先にしっかりついている。途中で先行するスキーヤーが目に入ったが、休憩してしまったため追いつくことが無かったが相当に足が速い。

先行者は主稜に向かって突き上げていくが、我々は岩稜帯のトラバースに入る。しかし高度を上げすぎていたので、トラバースが煩わしくなり、予定していた沢より1本左の沢から詰めあげる。

2400mより上は強風とホワイトアウトで視界がきかない。あと100mほどで四ツ岳の山頂であるが滑降できる状況でないのでピークハントを断念する。

しかし、なにも見えない。滑る状況でないため高度計とコンパスをセットし直して、ゆっくりと滑降に入るが、風とガスで上下の感覚もおぼつかない。上部はクラスト、それでも下部はパウダーなので数ターンは楽しめた。

シールを装着して、猫岳へ向かう準備を始めたとたん、ふたつぎさんのスキーが高速で流れていく。沢へ向かえば見つけることは不可能だろうが、運良く沢を横切って対岸で止まってくれた。100m近くは取りに戻らなければならないが事なきを得た。

強風とガスの中を何とか猫岳の山頂に登り返すが、視界が10mもなくて、またしてもブルーになる。強風で、Fさんのシール保護テープが舞っていく。今日は災難続きのようだ。

再びコンパスをセットし直して滑降に入るが、ねらいより外れてルートを見失いそうになる。なんとか沢を見つけて乗鞍スカイラインまで滑降。途中から若干ガスが薄くなってパウダーを楽しむことができた。スカイラインからは、少し尾根をはずして西面のツリーランを楽しむ。視界も良くなったので気分良く降りすぎてしまい、最後のトラバースではわずか200mのトラバースが樹林に阻まれてシールをつけての歩行になる。

夫婦松展望台からの最後の滑降は、慢心からか地図を見ずに斜面に入ったため、途中から、猛烈な藪こぎトラバースに入る。おまけに下部は雨にパックされたモナカ雪で苦労する。

こんな状態の斜面を快調に飛ばすことができるのは、やはりFさん。なんとか追いかけながら久手牧場にたどりついた。