爺ヶ岳白沢天狗尾根(2007.2.3)

今日も好天、大町温泉郷の道路は乾燥しており周囲の田にもあまり雪が降った形跡がない。雪不足を心配しながら爺ケ岳の駐車場に合流。ここでTさんがストックを忘れたことに気付きスキー場のレンタルショップまで借りに行く。

すぐに追いつくだろうとのことで残りのメンバーで出発する。先日までの小寒波で若干の新雪があり安心する。堰堤の渡渉地点は雪がつながっていないので付近の浅瀬を板を脱いで渡ることになる。

右岸の堰堤を高巻いた後は沢に雪が少ないこともあって、1本手前の尾根へ取り付いてしまうが全く気が付かない。しかしこのことが後になって響いて来るのである・・・。

1500m付近までは雪も浅くて快いラッセルを続ける。ところが歩くうちに、右手に急な岩尾根が現れる。弱点をさがしながら左手の大きな尾根に乗る。

この辺から急に気温が上昇し、重い雪のラッセルが始まる。「こんなところ前、通ったかなあ?」「去年は雪が多いから沢が埋っていたんだろう。」など軽口をたたきながらラッセルを続けるが藪が濃い上に本当に雪が重くて苦しめられる。しかも藪名人のFさんがラッセルを始めると、登りにもかかわらず濃い藪をかき分けてゆくので後続はすごい充実感である。

重い雪の中のラッセルを続け、そろそろ1994へのトラバース地点かな?なんて思う頃、初めて地形が違うことに気が付き愕然とする。小休止して作戦会議を行う。登りは残り100m程であるが、時間的に矢沢源頭まで行き着くのは不可能であり2063ピークまではせめて目指そうとの結論に至る。しかし、日中の陽射しにあたる斜面は、25cmくらいのところに濡れザラメと思われる弱層がありすぐに割れてしまう。

危険箇所でもあるので間隔をあけて慎重に通過するが、思いの他時間を要してしまう。最後の登りの尾根はナイフリッジになっている。直登は不可能だが、だからと言って陽に照らされた弱層の斜面は危なくて戻る気にならない。北面をトラバースしながら弱点を見つけ、2063ピークに達した時は出発して5時間30分以上過ぎていた。お楽しみのドロップは、少しパック気味だが上質のパウダーである。疎林は、テストするまでも無く出発してしまったが、登りの苦労が報われる瞬間である。途中から沢に滑り込み、スラフが発生させながらの急斜面はスリル満点。・・・しかし危険な斜面だったかもしれない。

矢沢に合流して、ツボ足で左岸を高巻いた後、駐車場に到着した時は夕方の4時を過ぎていた。


ルート:矢沢取付930m(8:20) − 渡渉地点1130m(9:20) − 堰堤(9:30) 1490mトラバースして左の尾根へ(10:30) − 1630m(11:00) − 1900m(12:35) − 2000m(13:30) − 2063ピーク(14:00-14:20) −1496m矢沢合流(14:50) − 駐車場(16:15) ルート:矢沢取付930m(8:20) − 渡渉地点1130m(9:20) − 堰堤(9:30) 1490mトラバースして左の尾根へ(10:30) − 1630m(11:00) − 1900m(12:35) − 2000m(13:30) − 2063ピーク(14:00-14:20) −1496m矢沢合流(14:50) − 駐車場(16:15)

 

沢がつながっていない

尾根に乗る

快適な樹林帯

下部は楽なラッセル

尾根は意外に細い

尾根は意外に細い

下部を見下ろす

東尾根の彼方に頚城の山が

トラバースを終えて

随分登った(12:00)

弱層が割れる(12:30)

詰めはナイフを巻いてトラバース

登り最後

本峰は

圧巻

北面疎林をドロップ(14:25)

滑降

細い沢をめがけて(14:30)