猫岳(2007.1.28)

猫岳へ登ると予定したがコースが決まらない。平湯温泉スキー場から登ろうかとの案も出たが、下部の樹林帯が濃いことは四ツ岳の下山時に承知済みであるので、平湯トンネル付近の久手牧場の尾根を登る事にした。ところが・・・ここはクラシックルートなみに有名な場所であったらしく、既に4台、10人くらいは駐車スペースで準備しており賑わいを見せている。着いた時はまだ暗いせいか、牽制しあっているのかわからないが誰も出発の気配がない。国道の脇にうっすらとトレースがあることを確認してあったため早速尾根末端から取り付くことになる。所々に消えかけたシュプールがあるが、昨日降った雪は20センチくらいであろう。たまにチラチラ雪が舞う中、切り開かれた牧場の尾根に乗り快適にラッセルを続ける。夫婦松展望台で2名のスキーヤーに追いつかれてしまうがトレースをここまで提供したのだから仕方ない、不本意ながら先を譲ることにする。しかし我々をパスした2名のトレースはすぐに消えてしまった。おそらくシュプールにつられてスカイラインに入ったのだろう。再び直登を目指して2時間ほどのラッセルを続け大崩山へ到着する。実は大崩山をトラバースして猫岳に向かっていたつもりが、針葉樹林に阻まれたためトラバースしつつも高度をあげてしまったためピークハントしてしまったようだ。ここからは20分も登れば猫岳へ到着するだろう。大崩山でしばしKさんを待つ間に、先ほどの2名が登ってきて、またしても無愛想にパスされてしまった。ラッセル泥棒でこれは反則でしょう?とも思うが、こんなコース取りでは仕方がない。カンジが悪いので猫岳まで引き続き自分たちでトレースをつけることにした。

山頂は風も強くて寒い。四ツ岳方面へ滑降してからの登り返しも考えたが、雪庇が前に見たときより発達していたので長居は無用と下山する。

ファーストトラックをつけて、猫岳からのコルを経てスカイライン2350mまでの沢を滑降。ここがすばらしいパウダーで文句なし。Kさんはスカイライン経由で沢を詰めてくる団体さんに対して存分に腕前を披露している。しかも普段より格段に上手なスキーだ。その後、スカイラインを利用してトラバースした後はスカイラインを突っ切るように藪斜に入る。雪質は良いものの藪が濃くて手ごわい。(あとで聞くとFさん好みの斜面らしい)それでも何とか高度を落としてから、スカイラインの下りラッセルに入る。夫婦松の展望台に戻った後、ツアーも終わりに近く、はじめての大休止でのんびりと食事がとれる。ほどなく先ほどのスキーヤー1名が追いついてきた。登りだけならず、スカイラインの下りラッセルまでも提供してしまったが、あんな藪斜もあわせて楽しんでもらえたなら良しとしよう。

最後の下りはタラの木の疎林である。おそらく牧場の財産であろう。ここでしばしKさんと別れることになる。Kさんは極上の雪を求めて沢を滑降するが、どうやら予想通りのパウダーだったらしく上機嫌だ。私は荒らされていない美しい尾根をいただいた後、二人で合流して久手牧場に滑り込んだ。
コース:波田町役場(6:00) = 久手牧場発(6:20) − 夫婦松展望台(8:45) − 大崩山(10:40) − 猫岳(11:10-11:25) − 夫婦松展望台(12:30) − 久手牧場(13:20)


切り開かれた尾根に乗る


朝は雪が舞っているが

日の出とともに晴れてくる

美しい樹林を快適にラッセルする

大崩山の雪庇

ピークで滑降の準備

四ツ岳方面

快適な滑降