抜戸岳(2007.1.20)

今年初めてのロングワンデーコースは、抜戸岳と決定した。昨年ピークを踏むことができなかった爺ヶ岳と天秤にかけた結果、藪が少ないであろう抜戸岳になる。今日は天気も良さそうなので楽しみである。新穂高温泉6時30分出発となるが、そのGのビンディングトラブルなどで出発が遅れる。林道を結構なペースで歩いているのだがなかなか先行者が見えてこない。気分転換に最近持参しているデジタルオーディオのスイッチを入れるが調子が悪くて残念である。

先行するメンバーはわさび平小屋手前で待ってくれていた。そのGが水を忘れてきたことがここで公になる。心優しい私はバームゼリーを贈呈し、H氏は沢から水を汲んで差し上げることになる。なにやら時間をロスしたため、藪尾根に取り付いたのは8時を回っていた。

F御大のラッセルを先頭に急斜面を登るが、15分もしないうちに、kataさんが遅れ出す。Fat & Lon板が災いしてジグをきるのに苦しんでいたとのことである。最後尾につけている、そのGも一緒に遅れているようだ。1時間ほど歩くと藪も薄くなりブナの疎林地帯に入り景色が美しい。H氏の強力なラッセルにより高度を稼いでいくが、1時間で稼いだ標高差は、250mとはかばかしくない。後方は全く見えないが、相談の結果、後続を待つことなく2472mピークまで登ってから考えようとの結論に至る。

細い尾根を左寄りにトラバースしてからは、広大で急な斜面への取り付きになる。このあたりは、ひたすらH氏がラッセルして引っ張ってくれるが、給水に失敗した私は脱水気味でペースが全くあがらない。しかし今回のツアーに秘めた闘志を燃やすH氏の意気込みが、ヒシヒシと伝わってくるので音をあげるわけにはいかない。振り返ると槍や穂高が美しいが今回はあまり余裕がない。12時近くなってようやく2472mピークにたどりつく。

遅れてはいるが、そのGが追いかけてきているのが目に入る.。しかしkataさんはまだのようだ。2472ピークから見上げる抜戸岳の山頂には、雪庇が張り出しているが、たおやかな稜線はとても美しい。標高差は350mほどであろうか?心の中でのタイムアップは13時30分、なんとか行き着けるだろうとの結論に至り元気が出てくる。快適な登りも後半には急な斜面に変わる。ささやかながらラッセルを交替して13:30無事にピークを踏む。

稜線の向こうには双六岳が姿を現すが、なんとも強風で寒い。ピーク直前までは厳冬期と思えぬ暖かさであったのだが、いかにも寒くていられないので早速シールをはがしてドロップする。山頂直下は雲が降りてきており視界が良くないが、2750m付近まで登ってきた、そのGと合流し、クラスト気味のパウダースノーの中を2472mピークまで忠実に滑降する。ここまで来てピークを踏めなかったのは気の毒だが、この寒さでは仕方がなかっただろう。

2472mピークから見下ろすとkataさんが登ってきている。標高はおそらく2400mくらい。大分時間がかかっていたが時間なので登りは終了としてもらう。ここで、kataさんの提案により急な沢をドロップしようとなるが、さすがに取り付き地点からは下が見えないため2の足を踏む。H氏の入念な弱総テストにより、ハードと出たようで意を決してドロップする。

少し重めのパウダーではあるがすばらしい滑降距離である。あまりの急斜面にスラフを発生させながらの滑降となる。下部は若干モナカ気味であったが満足のゆく雪室に皆上機嫌であった。


(行程)

4:30波田町 = 5:00 奈川渡ダム = 6:30新穂高温泉発 − 8:00わさび平小屋の尾根取り付き − 9:00樹林地帯を抜ける1650m − 9:45広大なバーンの登りへ取り付く1860m −10:45(2130m) − 11:55‾12:05(2472ピーク) − 13:40抜戸岳ピークハント − 14:20(2472ピークまで滑降)− 14:50kataさん合流2400m − 14:50テスト後滑降開始 − 15:50わさび平小屋 − 16:20新穂高温泉 =18:15帰宅

急な藪斜面を苦労して這い上がると

やがて快適な尾根登りになる。天気も上々ですこぶる気分がよい

この付近のルート取りは地図を読みと経験が必要

広大な急斜面は、雪崩の危険と裏腹

登りながらも、弱層テストを繰りかえすH氏

抜戸岳山頂を目指す

笠ヶ岳

抜戸岳へ向かう最後の稜線から穂高連邦を振り返る

最後の雪庇を突き抜けて稜線に立つ

双六方面