四ッ岳(2007.1.14)

昨年に引き続き登る機会に恵まれた。本日は晴れており非常に寒いが先週の爆弾低気圧の雨飾山より気分的にかなり楽のはずなのだが、会の1軍選手の面々に加え、名だたる会のメンバーや純粋培養の若手山岳会員と同行するとあって気が引ける。幸いしたのは以前登ったコースと同じようなので斜面の様子がわかっていることだけである。登高ルートにはすでにトレースがある。どうやら2〜3日前のものらしい。トレースをつけたスキーヤも既に見当がついたとのことである。心配した渡渉地点も若干心細いがスノーブリッジがつながっている。途中からトレースは消えてラッセル部分も出てくるが軽い雪にも助けられ順調に高度を稼ぎ5時間少々で目的の山頂を極めることになった。上部は強風で流石につらい。しかし眼下に広がる景色と大斜面は極上のものであり、皆すばらしい気分で雪を舞い散らす。引き続くダケカンバの疎林も美しく良い気分である。楽しみもアッという間で、針葉樹林帯に突入する。前回モナカ雪に苦しめられキックターンの繰り返しで下山したバーンだが今回はパウダーである。しかし、なかなか濃い樹林で手を焼きながら渡渉地点にたどり着く。シールを貼って沢を渡り最後のドロップは深い沢である。割れてはいなかったが思いのほか厳しいものがあった。ほぼ休憩無しの8時間はなかなか充実していた。


(行程)

7:25平湯温泉 −7:45(1504m通過) − 8:55大滝川渡渉 − 9:45(1800m休憩) − 11:25(2350m全員合流) − 12:30(2650mコル) ー 13:10(ドロップ〜13:40大滑降) − 14:51(大滝川渡渉)− 15:30最後の急沢を経て平湯温泉

 

 

 

.