雨飾山(2007.1.7)

前日より松本平は大荒れ、二つ玉低気圧が北部でひとつになり気圧960hpの爆裂低気圧になっているとテレビでも終始警戒をよびかけている。なにもこんな時に出かける必要は無いのだが、やはりパウダーが恋しくなる。目指す雨飾山は、寒冷前線を伴った低気圧が通過中のようで車中のラジオには時々雷によるガリ音がする。小谷温泉から先は除雪車が出ていなかったが、A氏の愛車が快調に雪面を捉えてラッセルしながら取り付き地点へたどりつく。しかしこのまま降り積もると下山できなくなる可能性があるため、小谷温泉のスノーシェードに車をデポして、B氏の愛車で再び取り付き地点まで戻り準備をする。こんな日に出かける物好きはいないらしくトレースは全く無い。新雪の積雪量は50cmまでは無いと思うが、視界が良くない中のほぼ平行移動ラッセルは楽しめない。今シーズン調達したスピーカー内臓のヘルメットで聴く音楽が非常に重宝した。いよいよ分岐を分けて登りに入るが、取り付き目標の目指す沢はまだ埋っておらずに厳しい様相を呈している。なんとか尾根に乗ろうと急な藪斜に取り付くが、クラストした斜面に雪が載っているだけなのでシールが滑って苦労する。部分的に雑木を引っつかんでのエテ公登りや、板を片足はずしてツボ足でステップを作ったりしながらそれぞれ工夫して登り、やっとのことで主尾根を捉える。しかし尾根に乗って喜んだのも束の間の出来事。高度を稼ぐに従い巨大低気圧に向かって吹き付ける烈風はアラレを伴なって顔や身体に吹き付ける。耐風姿勢をとりながらの行軍は遅々として進まない。目指す小ピークの雪庇を巻くように風を避けて進むが雪が重くて苦しめられる。後ろにつけていて、この歩き難さだからして終止先行する仲間の実力にはいつものことながら驚かされる。P2へ向かう細い尾根もまた、風上側に出れば烈風とアラレが叩きつける。避けて風下にまわれば吹き溜まりの深い雪で嫌になる。しばし耐えながら登るが、そろそろ時間切れが近い。A氏の「あと30分くらい登って終わりにしましょう。」の言葉で俄然元気になる。ドロップポイントはピーク下の大きな斜面より下だが、どちらにしてもこの天気では取り付くのは無理だろう。降り続けるアラレは勢いの衰えを見せずに降っている。試しに手ですくって見ると十センチ以上も積もっているのがよくわかる。こんな結合力の弱い雪はじきに顕著な弱層となるだろう。怖い怖い。テルモスの飲み物で身体を温め、凍って硬くなった行動食のバナナを齧ってから結構急な斜面のドロップに入る。しかし・・・、重い。乾雪かなと思っていたのに見事に予想がはずれてしまった。疎林の中では騙しながらの数ターンもできたが、すぐに藪が濃くなってきた。こうなると、もう滑降どころではない。キックターンと横滑りで騙しながら夏道付近にたどり着いた。最後の林道も朝のトレースはすっかり雪で覆われてしまいラッセルとなる。後半は仲間がつけたトレースの後をいただき、シールをはがして歩いて楽をした。帰路は雪の影響で大渋滞である。中央自動車道も通行止めになっていたようで。大分遅い帰宅となった。

(行程) 6:05豊科 = 8:45栃の木亭発 − 9:45雨飾山、大渚山分岐 — 10:00沢分岐 − 11:00 苦しい取り付き1250m − 12:35 小ピーク1510m — 13:45ドロップポイント1640m − 14:35こぶ大地1500m − 15:25 シール装着1140m − 16:45栃の木亭 − 15:15小谷温泉 = 20:00帰宅