白馬乗鞍(2006.12.30)

白馬乗鞍 天気:雪のち晴れ メンバー:単独

8:30栂池 - 10:30ゲレンデトップ - 12:15天狗原(休憩) - 12:50白馬乗鞍 - 13:00 ドロップ - 14:45 駐車場 

昨日降った雪の名残で自動車の流れが遅い。栂池の到着は8時30分だが既に第1駐車場は満車。仕方ないので第2駐車場に入庫する。ゲレンデは満員御礼状態でまさかの渋滞。切符を購入してゴンドラの最後尾に並んだときには既に9時30分。ゲレンデトップに付いたときは既に10時30分であった。膝くらいの深さのトレースが林道にバッチリ付いている。沢は踏みあとがないので時間短縮をかねて林道のトレースを頂く。自然園から先は10人くらいのパーティーが3つ。5人くらいのパーティーが4つほど先に取りついている。スノーシューが多いせいか歩みが遅く、天狗原に着く頃には先行者は2人だけになってしまった。ここまでくれば狙うはやはり大きな斜面である。あわてて先行者を追いかける。終始ラッセル泥棒も情けないので途中からコースを分けて大斜面に取りついた。弱層テストはハードで問題が無さそう。山頂付近は例によって強風が吹き荒れ、ドロップポイントはクラストしているが程なくパウダーに変わる。風に叩かれるためか30cmほどの密度の濃いパウダーが煙をあげて心地よい。

天狗原まで戻るが誰も登ってくる様子がない。ピークを目指したのは自分を入れて3名だけのようだ。すでにバーンは荒れていたが、バージンスノーを拾いながらヨタヨタと滑り込んだ。




パウダー独り占め