白馬乗鞍(2006.12.23)

先週に引き続いての山スキーは、またしても白馬乗鞍岳。この1週間で若干降ったらしくゴンドラ中間駅付近はうっすらと雪化粧をしているがまだまだ快適に滑降できる降雪量にはなっていない。ゲレンデトップからは林道に向かうしっかりした踏跡が続いていくが、沢に向かって伸びる薄い踏跡がX氏の目に入ってしまう。ここは迷わずトレースをたどるが、ものの数十メートルでトレースが途切れる。こんな事で引き返すX氏ではない。ぐんぐんと歩みを進めるが、渡ろうとする沢には水が流れており薄くなったスノーブリッジを拾うように2つ3つと渡りながら登っていく。厳しい斜面をあえぎながら何とか1時間少々で成城大学小屋付近について一息入れる。今回は取り付きが核心部分のようだ。我々の跡をついてきたスキーヤーの姿が途中から見えなくなってしまった。さすがにくじけて帰ってしまったのかもしれない。天狗原に向かう途中で3人組の山ヤさんをパスして更に登る。我々3人パーティーもバラけてしまう。自分でも結構なペースで登っているつもりであるが先頭を行くX氏の姿すら見えない。天狗原に到着しても姿が見えないため、歩みを進めると最後の斜面取り付き手前でピットを掘り終えている。コンプレッションテストの結果は、約90cmの深さでハードと出た。安心して山頂に向かい取り付く。上部は烈風でガリガリにクラストしているため、ピーク手前からドロップする。ウインドクラストした一部分を過ぎるとすばらしいパウダーで感動の滑降である。これ1本では勿体無いので再び登り返して滑降を満喫する。天狗原まで降りてからは、X氏案内のルートへ移動して滑降する。少し斜度は劣るがなかなかのコースである。陽射しを浴びながら休憩をした後、再び天狗原まで登り返して最後のお楽しみのドロップ・・・・。ところが、南面する太陽に焼かれた斜面はモナカに近いような雪室になっており降りるのに往生し滑降どころではない。キックターンでつないで林道を経由し無事に栂池のゲレンデへ到着。ゲレンデと林道をつないで無事にゴンドラ中間駅まで到着した。

☆記録