雪崩捜索訓練〜白馬乗鞍岳(2006.12.16〜17)

12/16:栂池高原ゲレンデトップ(快晴)

本日は会の総会と雪上訓練を実施するために、栂池高原のゲレンデトップに集合する。雪はまだまだ少なく、動いているリフトは2本程度である。天気は快晴でとても気持ちが良い。早速アバランチビーコンを使った探索訓練を行う。ビーコンも機種によって多少の違いがあるがデジタルの場合はせいぜい20mほどしか受信できないことを確認する。現場では雪崩リーダーの的確な指示が必要になりそうだ。午後は、雪上での支点づくりとスタンディングアックスビレイの実践的な研修を行う。支点から出すスリングの長さや力のかかる方向を確認しながら滑落者をとめてみるが鎖骨が痛くて難しい。山スキーは装備の軽量化を図る必要があるため、数少ない道具をいかに工夫して活用するかを考えなくてはならない。併せて学んだグリップビレイ等も交えながら実践的な方法を模索していくこととしよう。

12/17:白馬乗鞍岳(雪)

白馬の民宿で目覚めると外は雨、しかもかなり暖かい。これではとても山スキーになぞならないと決め込んで帰り支度を始める。ところがメンバーはやる気満々で情報を集めている。栂池のトップは雪になっているとのことである。にわかには信じがたいが促されて渋々出発となる。ところが、ゴンドラ中間駅付近で雨が完全に雪に変わっている。俄然元気が出て出発。天狗原までに3名ほどの先行者がおりトレースがばっちりついている。天狗原からは視界が悪くなるが薄いトレースをたどりピーク直下に行き着く。最後の急斜面はパックされた雪に昨日からの新雪が乗っただけの状態なので、シールの効きが悪くて崩れてくる。ここをドロップポイントとして、やや重めのパウダーを存分に楽しむことができた。

反省点:スノーソーを落として幸い仲間が回収してくれた。相変わらずの不注意は続く。登る前にブーツの最上部のバックルが破損していることが判明、ワイヤーで応急処置をしたが、ワイヤーが細くて切れてしまった。少し太めの物を用意しなければならない。

9:30ゲレンデトップ − 11:30天狗原 − 13:00白馬乗鞍 − 15:00 ゴンドラ中間駅

 

快晴の白馬乗鞍


ビーコン探索訓練

ゾンデで埋没場所を特定する

ビーコンは実質20m程度で反応

支点作り(スタンディングアックスビレイ)

グリップビレイの体験

雪袋を作っての支点作り


栂池高原の下部に雪は無し