立山初滑りツアー(2006.11.25-26)

待ちに待った初滑りツアーは立山に決定した。高い運賃を支払って室堂に到着すると、まさに雲ひとつない日本晴れである。真砂へ行こうか、浄土山にしようかと思案の後決定したのは立山の盟主雄山である。ここから山崎カールを滑ろうとのことになる。まず一ノ越へ向かってトラバース気味に歩みを進める。パウダーを期待していたのだが今週はじめに降った雨のため、雪はガチガチのアイスバーン。一ノ越からはアイゼンをつけての登りとなるがまずまず歩きやすい。山頂で一息入れる間もなく、一軍選手は御前沢の急斜面を滑降していく。私はこの時期以外だと拝観料を納めなければならない立山の奥社で初めてのお参りをした後、のんびりと絶景を楽しむことになる。全員揃って、目当てのカールを下るがドロップポイントがアイスバーンなのでかなり手ごわい。雄大な斜面を1本滑り終わっても、まだ時間が早いので、2800mまで登り返して気持ちの良いターンを繰り返す。夕刻も迫り、おそらく2度とは宿泊できないかもしれない秘密のキャンプ場で熊肉とおでんに舌鼓を打ちながら夜は更けた。天気予報に違わず、夜が明けると曇天で雨雲が迫っている感じである。速攻で下山も検討したが、少しだけでも滑ろうとのことになり、浄土山付近の良い斜面を1本行くことになる。私はジャンプターンをマスターしようと練習するが難しいものである。1回くらいゲレンデでみっちりと鍛えないといけないかもしれない。今シーズンの初スキーとしては上出来であろう。


乗越へはトラバース気味に歩く

大きいカールもガチガチ

立山の登りで薬師方面を

槍ヶ岳遠望

雄山

立山の登り

剱岳

針ノ木岳かな?

山崎カール

室堂と奥大日岳

山崎カール滑降

山崎カール滑降

テンバへ向けての帰路