爺ヶ岳(2006.11.5)

三郷アップルマラソンが今年で最終回との事なので、当日エントリーも検討したが前日の予報によると快晴のため、とりあえず山に出かけることにした。場所は爺ヶ岳か燕岳にしようと考えていたが、アプローチの簡単な柏原新道とした。ランニング仲間から同行したいとの申し出があったため2名で出発。さすがにこの時期に登る人は少ない。秋晴れの中快適な旅を楽しむことができた。

(装備)テルモス1.2リットル・ピンチパック・補助ロープ12m・カラビナ2・行動食・ウイスキー少々・ダウンジャケット・ダウンベスト・オーバーグローブ・軽アイゼン・レインウエア・ツェルトなど

(行程)7:40柏原新道 − 8:15八ツ見ベンチ − 9:30 2175m休憩 − 10:20種池山荘通過 11:00〜11:55爺ヶ岳南峰 − 13:50八ツ見ベンチ − 14:30扇沢 = 薬師の湯

【装備について思う】

テルモス:夏山であれば、常にバーナーを用意して料理を作るのが楽しい。しかし9月以降は稜線の風も強り、寒くてゆっくりと休憩できないことが多い。(今日は例外であったが)従ってテルモスにお湯を入れての行動が多くなる。体が冷えてくると気力が萎えてくるので、この時期は暖かい飲み物の持参は必要である。今日はチキンラーメンをグシャグシャに揉みつぶしたものをジップロックして行動食に持参。そして、休憩時にはテルモスの蓋に適量入れてから即席ラーメンをこしらえた。これもなかなか良いものである。ところでテルモスの内容量、ここが悩むところである。山スキー等で仲間を見ると500ccの縦長の物を利用している人が多い。私も何回か使ったが最近少し考え方が変わって来た。やはり7〜8時間はアツアツでいてもらいたい。そこで少し重いが子供が昔使った1.2リットル入りを持ち歩いている。

ピンチパック:何かあったときのために、絶対必要なものを収納するパック=ピンチパックということで必ず持参するように研修会等でよく言われている。私はピンチパックをそれほど堅苦しく考えずに「お役立ちパック」として2袋持参している。まずパックAの基本装備であるが、靴擦れ対策グッズ及び救急医薬品、テーピングテープ、アーミーナイフ、メタとシェラカップ、ヘッドランプ、ぶどう糖、ウエットティッシュ、予備電池、ろうそくはさみ、安全ピンをきんちゃく袋に入れて持参。冬にはアーミーナイフのかわりに、プライヤー付きの工具と針金が加わることになる。次にパックBとして、6ミリスリング×12m、カラビナ2枚、ツェルト、薄手のダウンパーカー、ツェルトが入る。これだけあると以外と重量があって嫌になってしまうが、お守りだと考えて持ち歩いている。

 

ミニ写真集