烏帽子岳〜船窪岳縦走(2006.9.23-24)

烏帽子岳から船窪岳の稜線は、前々から気になっていたところであるが1泊2日の日程が取れたため歩く事にした。テントにしようかとも考えたが2日間の天気予報は良好であるためツェルト持参での旅になる。新しく手に入れたGPSも試してみたいし、懸案の船窪岳の位置も特定してみたいからである。

9月22日(土)晴れ

昨日の飲み会で、準備もできていなかったが今日は烏帽子のテント場まで歩くのみである。コンビニなどで行動食やつまみを購入して七倉ダムに到着する。残念なことに相乗りする相手はおらずタクシー代1990円(とは言っても、誰もが支払う2000円)で高瀬ダムに到着する。急ぐ必要も無く、荷物も重くないのに足どりが重く遅々として進まない。途中で「アミ茸」を数本見つけ夕飯のおかずにしようと採取する。烏帽子小屋付近は空いており2パーティーくらいの宿泊であろうか?テンバには長期滞在らしい大型テントが1張であった。ツェルトの宿を設営してから小屋の前で持参したビールや焼酎で景色を十分楽しんだ。

8:30七倉ダム = 8:50高瀬ダム − 13:15烏帽子小屋

9月23日(日)快晴

今日の行程は長い。夕方までに下山するには早立ちが必要との事で早々にインスタントラーメンの朝食をとり出発の準備をする。まだ夜はあけないが満点の星である。ツェルトの内側が結露して非常にカンジが悪い。ヘッデンをつけての出発となるが10分程度で明るくなり始める。昨日登ったブナたて尾根方面は雲海で絶景である。烏帽子岳から南沢岳の稜線は穏やかで池塘が美しい。左手に見える赤牛岳・薬師岳が大きい。南沢岳から不動岳の稜線もまた快適である。五色ヶ原や立山などを眺めながら雄大な縦走となる。

不動岳から船窪岳は核心部分であろう。景色は良いもののアップダウンが激しく崩落している部分もあるので神経を使う。しかし右手に目に入る槍ヶ岳のシルエットや高瀬ダムが目を和ませてくれる。そんなに疲れているつもりは無かったのであるが船窪小屋手前のキャンプ場付近では完全に足が止まってしまった。やっとたどり着いた小屋で、ご主人に話を伺うと縦走の場合は逆走路のほうが歩きやすいとのことである。確かに足が疲れていないうちに難所を越えてしまったほうが良いであろう。この次は逆のコースをたどることにしよう。

小屋でビールを購入して、喉を潤しての下山となる。この時間なら十分に帰れるだろう。

ところで歩いている間中気になっていたことであるが、靴の調子が非常に悪い。登りでは踵に靴擦れ、下りではつま先の指を突いて痛い。(よく考えるまでも無く、この靴を履くといつも同じである。履き続けていれば足に合うかと思って頑張ってきたが全くの誤算が長いこと続いた。)つま先の痛さに苦しみながらあぶら汗を流しての下山となってしまった。これがペース配分を狂わせた大きな原因だろう。

この靴は数年前にオーダーで作ったものであるが未だに不調である。最初は良いような気がしていたが我慢の限界である。いろいろ試したが埒があかない。先日友人につくってもらった靴パットも効き目が無かった。最初に私が絶賛した靴屋は名職人どころかとんでもないヘッポコだ。靴の型取りで既に大きさが違っていたんだろう。帰宅後すぐに処刑してやった。

4:50烏帽子小屋 − 5:30烏帽子岳 − 6:40南沢岳 − 7:55不動岳 − 8:50小ピーク(2341m) − 10:00船窪岳第2ピーク(2459m) − 10:35コル(2200m) − 11:00船窪岳(2300m) − 11:15針ノ木谷分岐 − 12:05キャンプ指定地 − 12:35〜13:00船窪小屋 − 16:35七倉ダム


烏帽子小屋から針ノ木岳

早朝の唐沢岳

ご来光(烏帽子岳にて)

裏銀座を振り返る

烏帽子岳に朝日があたる

南沢岳へ向かう稜線

南沢岳へ向かう途中の草原

赤牛岳

薬師岳

針ノ木岳と蓮華岳

濁沢を見下ろす

不動岳へ向かう稜線

立山と黒部ダム

針ノ木岳と蓮華岳

高瀬ダムと槍ヶ岳

船窪岳からの登山道

船窪岳(白く崩落したすぐ上が船窪岳、山頂らしき部分は船窪第2ピーク)

不動岳

船窪小屋