剣岳北方稜線(2006.9.1-3)

室堂〜長次郎谷右俣〜小窓の岩峰〜小窓雪渓〜池ノ平小屋〜真砂沢〜室堂


9月1日(金)曇り時々晴れ

8:00扇沢 − 10:30雷鳥沢 − 12:10〜12:30剣御前小屋 − 13:00〜13:20剣沢 − 14:50〜15:00長次郎谷出会 − 17:20熊ノ岩キャンプ

八ツ峰上部の縦走を、いつものメンバーで予定していたが仕事の都合で全員の参加が難しくなる。八ツ峰に一番乗り気だった彼が欠席とあっては、決行するわけには行かない。せっかく休暇を取ったので前回敗退であった北方稜線の続きをつなげようとのことで二人での出発となる。初日のビバークサイトは前回同様に熊ノ岩とする。1ヶ月以上経過しているから雪は切れてしまっているだろう。剱沢で山岳警備隊員に長次郎雪渓の様子を尋ねるが10日以上入っていないので様子はわからないとの事、無理なようなら左俣を登るようにアドバイスされる。長次郎雪渓は中間部分で1m位のクレバスが口を空けている。例年は滝になっている場所らしい。登り斜面なので飛び越えるには無理があるし落ちたら死んでしまう。結局ピッケルを雪面に突き立てて確保し、薄くなりかけたシュルンドを通過する。ハーネスを着用している際、不用意に置いた2.5リットル入りのプラティパスがシュルンドに飲み込まれていった。不吉な予感である。シュルンドを越えるのに、作戦やら準備に手間取ったが夕刻5時過ぎには無事に熊ノ岩に到着する。前回は雪の上であったが今日は砂利の上に快適なテントが設営できた。スルメなどをつまみに楽しい夜は更けた。


劔沢雪渓を下る

長次郎雪渓下部


熊ノ岩を目指して登る


長次郎雪渓のシュルンドは確保する
八ツ峰フェイス群
熊ノ岩でキャンプ ここは絶景のサイト

 

9月2日(土)快晴

3:30起床 − 5:20熊ノ岩 − 6:40〜7:05長次郎右俣源頭 − 7:40〜7:45三ノ窓 − 10:00〜10:15小窓のコル − 2505m道迷い(4時間45分) − 15:00小窓のコル帰還 − 16:30小窓雪渓1800mクレバス下山不可にて小窓雪渓再び遡行 − 17:30小窓雪渓2100mビバーク

前回の行動遅滞の反省を元に3時30分に起床して5時の起床を目指すが、突然のアクシデントに気がつく。左手の手首が全く動かないのである。しかも握力は普段の半分もないことに加えて指が自分の意思でコントロールできないのである。どこにも痛みが無いから更に不安になる。「もしや脳梗塞か何かの障害であろうか?」原因は全く判明しないが、「左を下にして寝たからだらだろうか」と、相棒に相談する。彼女はリハビリに詳しいので「多分・・・・(名前は忘れた。その後、とう骨神経麻痺ではないかと見当をつける。」)という怪我ではないだろうか」圧迫により、脳からの命令を手首に届ける神経が死んでいるのではないかと怖いことを言う。「自然に回復すると思うが長ければ1ヶ月くらいかかるかもしれない。」と言うが、全く慰めになっていない。ピッケルが左手で持てないのである。顔面蒼白になりながらの出発となる。(結局入山中は、全く同じ状態であった。下山後2日目で少しずつ動くようになってきたので医者に行くかを検討中であるが。)

下山に向けてルートを探すにしても難易度は変わらないだろうと自分に言い聞かせて失意の出発である。長次郎雪渓の右股は予想通り深いクレバスでズタズタに切れている。右手のガレを巻いたり雪渓を歩いたりで右俣源頭に到着となる。相棒を待つ間に、ビバークサイトで一緒だったペアに追いつかれる。ガイドツアーで熊ノ岩をベースにチンネを登ると言う。ガイドされる女性は60歳くらいだからすごい。池ノ谷ガリーの落石には前回で懲りているので距離をあけてから出発する。ところがこの時期になると、かなり踏まれており楽勝モードで三ノ窓に到着となる。

ここで先ほどのガイドのMさんたちに追いついき、ついでに北方稜線のアドバイスをいただく。小窓ノ王南壁を斜上した後の下りは、ロープがあれば安全のために出せばよいとの事。その後危険箇所はないらしい。気を引き締めてここで別れを告げる。前回見つけられなかった取り付きは登ってみれば悩むほどのことは無く小ピークにたどり着く。小窓方面へ向かっての下りはかなり高度を落とすが、時々ペンキ印もあり踏まれている。途中のルンゼは雪が残っていたのでアイゼンを装着して通過する。その後は踏跡に導かれるように小窓のコルに到着した。

ひと息ついてからの出発である。小窓のコルからは正面に見える小窓岩峰群に踏跡が始まるが、すぐに岩場と草つきのミックスになり道を見失う。ガイドブックにあった「ダケカンバや冬のフィックスロープを頼ってのアクロバティックな登り」を思い出しての急斜面を這い上がる。登れば登るほど厳しさが増す。どうやら2503mピークに取り付いているようだ。正規ルートかどうかは判らないが既に危険な状況である。加えて左手がほとんど使えないので本当に困ってしまう。わずかに握力があるのがせめてもの救いである。色々登道を探索した結果、登れないとの結論に至り、数回の懸垂下降で小窓のコルまで逃げ帰ったのであるが、十分な支点となる立ち木が少なくて心細い。最後のテラスまでは垂壁で一部空中懸垂となる。突然訪れた原因不明の故障で手が動かないので懸垂の下降のために右手で制動している間にセルフビレイが外せずに苦労している間に右手が痺れてくる。技術の無い自分は、事前に相棒にバックアップをお願いしての下降となるが、最後には訳のわからない状態になり、降りた時には腰が抜けたようにへたりこんでしまった。全面的にバックアップしてくれた相棒に本当に感謝である。(ここの場所が正規ルートだという相棒と、現在でも意見が別れているが、もう一度研究が必要である。しかし逆から縦走した場合はクライムダウンできるのだろうか?ガイドのMさんもここでロープが必要とは言っていなかったし。)

懸垂下降場所からは、小窓のコルで休んでいる登山者を2組見かけたが、それぞれ小窓雪渓に沿って降りていったようである。どこかで池ノ平山へ行く道があるはずだと思いながら相談する。あんなに早い時刻にコルについたのに既に午後3時である。撤退にものすごく時間がかかってしまった。手の状態も更に悪くなり登る気力も萎えかけてきている。池ノ平山へ今日中に登るのは不可能であろうとの結論に至り、ここで二股吊橋までの敗退下山を決定して小窓雪渓を下山し始める。

ところが標高1800m地点で「ゴー」という水の流れる嫌な音がする。やはりクレバスとシュルンドが大きく口を開けている。小窓のコルで全く想像しない訳でも無かったが、正常な判断ができていなかったようである。突破も考えたが、クレバスも1ヶ所だけでは無いだろうとの結論に至り登り返しを決定する。時間は既に4時30分、池ノ平山へ登るルートを探せたとしても日が暮れた後では危険である。安全な小窓のコルにつくまでは2時間は必要であろう。時間切れギリギリである。しかも下山予定日の明日に下山できる確率が著しく低くなってしまった。最悪雪渓上でのビバークを想定しながら歩いているうちに遠目ながらペンキ印を発見する。雪渓を下るときには全く目に入らなかったのに良く見つけられたものである。全く運が良い。

標高は2100m、どうやら池ノ平山を経由せずに、池ノ平小屋へ向かうルートがあるらしいと見当をつける。ペンキに直行するにはガレて落石が危険なので大きく巻き登る。ペンキ印の近くに、あまり快適ではないが安全な場所を見つけてビバークとする。テント設営完了が夕方の6時、雪渓の雪を溶かして今夜と明日の水を作り終ったときには、日もとっぷり暮れていた。少し残った酒を、泥の濃度が5%もあるような雪溶かし水で割って飲んでから眠りにつくが、今日の長い1日に興奮してなかなか眠りにつけなかった。


モルゲンロートの源次郎尾根


長次郎雪渓の右股を詰める

長次郎雪渓を見下ろす


ズタズタに裂けた長次郎雪渓上部


池ノ谷ガリーからの八ツ峰の頭

ガリーのガレバは落石の嵐


ガリーを見下ろす

富山県方面

先ほど下ったグズグズの池ノ谷ガリーを対岸から見る
小窓へ降りる草原

小窓ノ王北東壁を見上げる



今回は無事にルートを探す事が出来た

池ノ平山

敗退した小窓岩峰(2505ピーク)

小窓から眺める鹿島槍

2505mピーク下からの敗退は苦しい

空中で支点を構築


懸垂下降開始

やはり道間違いでしょう

いつもどおりお約束の敗退は懸垂下降、わしゃあ腰が抜けたぞぇ


小窓雪渓を下る


小窓雪渓を下降するがクレバスで行き詰まる

小窓雪渓でビバーク(キャンプ)


9月3日(日)晴れ

3:00起床 − 5:00出発 − 6:05池ノ平小屋 − 6:50仙人峠 −8:15二股吊橋 − 9:40真砂沢 − 12:15剣沢 − 14:35雷鳥沢 − 15:40室堂

昨夜の打合せどおり3時に起床、泥水で沸かしたお湯でインスタントラーメンを作り、5時の夜明けとともに行動開始する。取り付きペンキまでのルートは、昨日私がキャンプの設営をしている間に相棒が済ませてある。夜中に起きて地形図を眺めて検討したとおりに道は刻まれている。久しぶりのヒットである。右手側が谷、左手側が崖になるように道はついておりフィックスのトラロープもところどころにあってありがたい。しかし全て左手側のフィックスなので行動が制限されてしまう。足元は思いっきり落ちているし嫌になってしまう。歩くこと1時間で池ノ平小屋に到着する。どうやら安全地帯にたどり着いた。宿泊者は誰もなかったのか小屋は静まり返っている。人見知りしないオコジョと、想像以上に小さかった平ノ池を撮影してから、そそくさと下山にかかる。相棒は仙人池を見に行きたかったらしいが、ここで時間を稼げば本日中に帰宅できるから、となだめてひたすら歩きに没頭する。他の登山者に出会ったのは二股吊橋近くであったから、他の人に出会うのは1日ぶりであり嬉しいものである。歩く努力が報われて室堂に戻ったら観光客の別世界であった。

数回訪れている剱岳のプチバリエーションルート、源次郎尾根も骨折のおまけ付きの敗退がある。北方稜線も前回が小窓ノ王で道迷い。今回は小窓の岩峰で道迷いの撤退なのか。この山は本当に険しくて楽しませてくれるが、いつも実力不足を痛感させてくれる。


ビバークサイトより眺める夜明けの後立山

池ノ平山もこちら側は穏やかな表情

真砂沢から再び雪渓歩き

劔沢へ無事帰還

劔沢キャンプ場と本峰

 

劔岳の記録へ