北アルプス専科 槍ヶ岳北鎌尾根

槍ヶ岳北鎌尾根(2006.8.19〜8.21)  北アルプス専科 槍ヶ岳北鎌尾根記録

昨年に引き続き貧乏沢から登る計画が持ち上がった。昨年もピークを踏むことはできたが、北鎌沢から1日でピークを踏むことができずにピーク15のコルで幕営した。穂先へのアタック当日は雨のため、道迷いをおこして千丈沢側のガレバで大変な難儀をした上にGPSまで紛失しまったのである。今回は宿題の北鎌平を踏むことを第1の目的として出発することになった。メンバーは山スキー仲間のK氏とおまけのHさん。両名ともに北鎌を踏んだことが無いので行きたいとの事、昨年のルートが記憶に残っているうちにと8月の出発となった。私も昨年の山行記録の中の「北鎌尾根登山ガイド」を完成させるためにも。


行動の記録と写真

8月19日(土)晴れ時々曇り、稜線はガス

6:30中房 − 9:00〜9:10合戦小屋 − 10:00〜10:20燕山荘 − 11:20〜11:30大下りのコル − 12:30〜12:40常念岳方面分岐 − 13:15〜13:45大天井ヒュッテ − 15:15〜15:30貧乏沢中間部二股分岐の滝 − 16:20天上沢出会い − 16:40天上沢幕営地(行動時間11時間10分)

今日の荷物は約20キロ、水は1リットルもあれば大天井までは平気である。貧乏沢まで行けば途中で水が汲めるので水の代わりにアルコール類を持参する・・・。これはいつものことであるが。燕山荘まではさすがに登山道が混雑している。第1ベンチから各駅停車で歩くが蒸し暑くて嫌になる。とりあえず燕山荘でビールを1本お買い上げで一気に飲み干してしまう。大天井ヒュッテへ向かう稜線は、信州側からガスが登ってくる。槍ヶ岳の穂先は雲の中で独標がわずかに見えるのみ。今年は残雪が多く、北鎌沢左俣の雪渓はまだ大きい。明日の晴れを期待しながらの稜線歩きを楽しむ。大天井ヒュッテでリッチに缶ジュースを飲み干してから貧乏沢へ向かう。一応ここからがバリエーションルートになるのでヘルメットを被る。(これは昨年の反省から)登山道に問題はなく比較的余裕を持って幕営地に到着する。事前の予想では天井沢には少なくとも10パーティー位はいるのではないかと思っていたが誰も見当たらない。途中で追い抜いた大きい荷物の高齢者3名のパーティーが日の暮れた頃に到着して2組の幕営となる。持参したビール、缶チューハイ、焼酎、ワイン等で宴会となった。


8:10 第3ベンチを過ぎて

8:35 富士見ベンチ

9:15 合戦尾根

9:35 合戦尾根からの表銀座

10:00 燕山荘からの燕岳

10:00 燕山荘から見る裏銀座の山

10:50 大天井岳へ向かう

12:00 大天井岳

12:15 鷲羽岳と水晶岳

12:45 大天井岳巻き道にて

14:00 貧乏沢分岐

14:10 貧乏沢上部

 16:05 貧乏沢下部からの北鎌尾根

  

16:25 天上沢幕営地付近

 


貧乏沢中間点付近


天上沢への合流へ向けて貧乏沢を下る 


8月20日(日)晴れ時々曇り、ガス多し

4:45天上沢幕営地 − 5:45〜6:00北鎌沢右俣中腹の大岩 − 7:15〜7:30北鎌のコル − 8:30〜8:40ピーク8 − 9:40〜9:50独標手前の小ピーク − 11:00〜11:10独標 − ニセ独標のコルで若干の道迷い − 12:00〜12:05ニセ独標 − 13:50〜14:00ピーク14 − 14:45〜15:00北鎌平 − 16:00〜16:20槍ヶ岳山頂 16:40槍ヶ岳山荘幕営地(行動時間11時間55分)

天上沢〜北鎌のコル

インスタントラーメンの食事をとり、ヘッデンが必要無くなる時間とともに行動を開始する。北鎌沢の場所が分からないと言っていた昨日であったパーティーに北鎌沢の取り付き位置を説明してから出発する。北鎌沢出会いで5人組のパーティーと出会う。今回は3パーティーの入山であろうか。K氏をトップに登り始めるが左俣分岐で早速引き込まれている。右へ向かうように話をするとともにトンネル状のコルに見えているダケカンバを目指すように伝える。途中の大岩で休憩をとり北鎌のコルを目指す。後続の5人パーティーはつかず離れずの距離に見えている大勢の割には足が揃っているようだ。右へ左へと誤った踏み跡に惑わされること無く北鎌のコルで大休止となる。幕営地からここまで2時間30分、まあまあのペースであろう。ほどなく追いついてきたパーティーは鳥取県の労山系とのことである

北鎌のコル〜独標

P8に向けての登りは、トラバース気味の踏み跡をたどり始める。しばし歩くと北鎌のコルへ向けた最後の分岐で左へ入ってしまったらしい登山者の薄い踏み跡を見ることができる。ハイマツ帯の樹林歩きである木の根等につかまりながら高度を稼ぐ。3つの小ピークを越えたP8からは見晴らしが良く独標が美しい、天狗の腰掛(P9)が手に取るように近くに見えている。天狗の腰掛までは稜線歩きであるが、やせ尾根で緊張する。ここで後続のパーティーに道を譲り大休止になる。このパーティーは忠実に独標をトラバースしていったようである。独標のトラバース取り付きは、足元の切れた部分で、大きな岩を抱え込むように歩く部分から始まるが、今年はしっかりしたフィックスロープが張られていた。大天井ヒュッテが整備してくれたようである。ザックが支えそうな低い部分を過ぎると見覚えのあるテラスに出た。昨年独標に向かって直登した場所である。先行パーティーはトラバースして言ったようで声が聞こえている。昨年は気がつかなかったが、細いがしっかりしたルートである。ただし下がスパッと切れ落ちていて危険なのでHさんのためにロープを出すことにする。ロープをセットした途端「せっかくセットしたんだから上へ行こう」と提案し直登ルートを取ることになる。この時、昨日大天井ヒュッテで雑談した単独者が追いついてきた。彼は藪専らしいが、我々を見てやはり北鎌に登りたくなったようである。朝4時の出発らしいからかなり足が速い。ノーザイルで直登する気にはならないとのことでニセ独標に向けてトラバースしていった。我々はロープ45mを用意していったので、どこへ行っても安心であるがとても重い。独標への登りで危険な所は小さなチムニーを右手から巻き上がるフェイスかもしれない。ホールドはしっかりしているが万一足を滑らしたら確実に死ねる場所だろう。その後、脆い岩場を慎重に登ると独標の頂に到着する。トラバースしていった単独者がトラバース終了地点から独標へ登りに来ていた。先行の5人組は独標を踏まずにP11へ向かっているのが見えたが、この頃からガスが強くなり視界が悪くなってきた。

独標〜北鎌平

K氏先行でニセ独標に向かうが、先行する単独者になんとなく引っ張られたためか、道迷いをおこしてガレた沢をどんどん下ってしまう。稜線を離れて西へはずれたようである。いつも強気のK氏だが自信を無くしたのでトップを替わってほしいとの申し出がある。ここでトップを交替してニセ独標に向けて急なルンゼを詰め上がる。わずかに踏み跡があったから何人か迷ったのではないだろうか。昨年同様稜線を詰めれば良かったと少し後悔する。1時間近くロスしたがご愛嬌、ここからはP12へ向けて忠実に稜線をたどる。P12はいかにも尖った岩場であるが、まさかこんなところにと思うような場所に良い道がついている。次の小ピークはP12のすぐ続きで稜線歩きは不可能であろう。千丈沢側に巻き道があり歩きやすくて気の休まる部分であるが、ガスで景色が良くなくて残念極まりない。P13は白く脆い岩肌山である。このルートも昨年同様直登する。しっかりしたクラックから取り付くが中腹がザレザレで脆く、上部に痩せた尾根があるためロープを出す。45mのロープがちょうど良い。保険がかかっていると本当に安心である。P14は再び脆くて黒い岩肌に変わる。千丈沢のトラバースルートはトラップであるため、昨年同様稜線を歩く。高度感もあるが慎重に歩けば問題は無い。ここで一本とってからP15へ向かう。P15へは直登せずに千丈沢に巻きながら登ることができる。昨年のイメージで登ったら意外と距離が長くて驚いた。ここで見覚えのあるビバーク地点に到着テントが3張分なだらかなコルに張ることができる。昨年の記録を見ると仮称14.5ピークは、P15だったのであろう。さて、ここからが核心部分になってきた。昨年道迷いして本当に怖い思いをしたところである。どう観察しても正面突破は難しい。誰かの記録にあった天上沢側を覗くがザレていてカンジが悪い。またしても千丈沢の踏み跡へ入っていく。歩くこと100mくらいであろうか、観察しながら歩いていくと取り付けそうなルンゼを発見する。あまりトラバースしないほうがよいだろうとのことでルンゼに取り付く。ルンゼを直上し、尾根に乗ると、急ではあるが巨岩が累々とした尾根に乗る。浮石はまったくと言ってよいほど無くこれぞまさしく正規ルートと言った感がある。多少視界は悪かったが登りきると、遭難慰霊碑とココがキタカマ平と書かれてあっただろう大きな岩に出会った。本当に平で良い所である。晴れていたら山頂がきれいに見えるだろうと思うと残念だ。

北鎌平〜槍ヶ岳山頂

北鎌平で大休止をとり穂先に向けて出発する。昨年同様ビバークを視野に入れて、節水しながら来ていたがここで安心して水をがぶ飲みする。北鎌平からは巨岩を稜線に向かって忠実に詰めていく。傾斜はあるもののどっしりとした岩で安心できる。ところどころにミニケルンが積まれていて目印にもなっている。薄くなっている年代物の赤ペイントに導かれて登る事もできる。山頂が近くなった頃にありがたくもガスが切れた。見覚えのある「下のチムニー」は登らずに右手を巻く。最後のチムニーは万全を期するためにロープを出した。予想通りというか期待通りというかHが登れない。ここで2名のパーティーが追いついてきた。話を聞くと今日、槍沢のテンバから水俣乗越経由で登ってきたとの事だから相当足が速いパーティーである。Hさんにはゴボウで登ってもらいチムニーを抜けた。最後はHさんを先頭に祠の裏から登ると、数十人のギャラリーから拍手喝采を受ける。やはりうれしいものである。女性が先頭だっただけに目立ったようだ。真の姿である我々のひよっこぶりは山頂のギャラリーには知られたくないものである。

5:00 北鎌沢出会付近

5:45 北鎌沢の岩小屋

5:45 北鎌沢右俣にて

6:00 北鎌沢から表銀座を振り返る

6:10 少し天気が良くなりそう

6:20 目指すコルは大岩の左の沢

6:40 沢も細くなる

7:15 北鎌のコルにて

7:15 北鎌のコル慰霊碑

7:45 P8へ向けての登り

7:45 振り返る。左がP4、一番右がP7

8:00 目指すはP8、奥に独標が見える

8:30 P8からの硫黄尾根

8:30 P8へ詰めあがる

8:35 P8から眺める天狗の腰掛け

8:40 P8からの独標

8:50 ここから岩稜に変わる

9:30 天狗の腰掛付近からの独標

北鎌沢右俣を登る


貧乏沢から天上沢を挟んで大天井岳を見る


北鎌のコル付近のしぶとい草付き


独標へ向かう途中の赤く焼けた硫黄尾根を写す


9:00 P8付近からの独標



10:00 独標トラバースルートの低い岩棚を通過する


10:15 低い岩棚を過ぎたテラスから独標を直登。トラバースルートはまだ続く


10:45 独標中腹、右のフェイスから越えるが高度感がある


10:55 独標頂稜付近からP11方向を撮影する 


11:00 独標頂稜付近からのP12

11:05 独標ピークを下る

11:50 道迷いしてニセ独標へ登り返す

11:55 ニセ独標にて。右はP12


12:05  ニセ独標からの進行方向

12:05 P12へ向かう

12:20 P12を通過

12:20 P12を振り返る

12:35 槍ヶ岳の穂先はガスの中

12:35 見えている内にP13を観察

13:30  白くザレたP13の登り。後は独標から続く稜線 


13:40 P14から独標を振り返る

14:10 P15は千丈沢側を巻く

14:30 P15のコルから北鎌平を目指す

14:35 北鎌平への巨岩帯

14:40 北鎌平の遭難慰霊碑

14:40 槍ヶ岳はガスの中

14:50 北鎌平を出発 

15:05 P14を振り返る 

15:10 大槍を目指す 

15:10 大槍を目指す 

 15:10 昨年苦しんだガレた沢


15:10 北鎌平へ向かう。奥が大槍


キタカマ平にて休憩


15:10 ガスの晴れ間に大槍がのぞく


15:10 昨年苦しんだガレた沢が右手から入る


北鎌尾根縦走路を振り返る


15:20 尾根伝いに頂を目指す 

 15:20

 15:30 山頂の声が聞こえる

 15:35 左手に西岳の小屋が見える

 15:35 東鎌尾根

 15:40 ペンキ印やケルンが現れる

 15:45 最後のチムニーはロープで確保

 16:15 20人以上のギャラリーに拍手で

 ご苦労様

トラック

独標からニセ独標に向かう途中ルートをはずして西へ下ってしまう。ザレがレのルンゼを詰めてニセ独標へあがる


北鎌尾根登山ルート攻略のポイント

 貧乏沢の下降と北鎌沢のルートポイント

 北鎌のコルから天狗の腰掛と独標までのルートポイント

 独標を過ぎてP15までのルートポイント

 P15から大槍までのルートポイント


過去の北鎌尾根登山記録

 2005年9月17日〜19日北鎌尾根山行記録