爺ヶ岳(2006.8.6)

梅雨明け後、本当に毎日暑い日が続いている。昨日は山用品の手入れで一日中洗い物や整理で終わってしまった。ひどい靴擦れをおこす登山靴に、友達のG姫からつくってもらったパットをかかとに貼り付けてみたら具合が良いような気がしてきた。早速日帰りで試すことにした。本当は蝶ヶ岳あたりが手ごろで良いのだが林道が土砂崩れで通れないので爺ヶ岳にした。そういえば、爺まで行けば先週登った剱岳が見えるであろう。今回は靴擦れ防止パットのテストなので休憩を取らずに歩き続けることにする。幸いペースの早い学生らしい集団を無理して追い越したことにより、煽られるプレッシャーを感じつつ無事3時間で山頂に到着。やはりハイペースで飛ばすと若干の靴擦れができたが満足のできる状態であった。もう少し改良することにしよう。1時間ほど景色を堪能する、剱岳三ノ窓雪渓はまだギリギリ雪がつながっているようには見えるがどうだろうか?帰りも気合を入れて2時間ほどで下り本日の山行は終了した。

(行程)

5:20柏原新道駐車場 − 5:30出発 − 8:30〜9:40爺ヶ岳山頂 − 11:45下山

柏原新道

登山道中腹か

扇沢が下に見える

針ノ木岳

鳴沢岳かな

爺ヶ岳南尾根を左に見下ろす

劔岳三ノ窓雪渓

爺ヶ岳南峰

扇沢

蓮華岳の奥に槍ヶ岳

鹿島槍に続く稜線

鹿島槍