劔岳北方稜線敗退(2006.7.29-31) 

昨年来の懸案であった剱岳北方稜線に登る事になった。今年の長梅雨で7月末になっても、梅雨明け宣言がされずイライラする。週間天気予報でも雨模様であるが、後半持ち直すことを信じて出発となる。当初の予定では、長次郎谷を詰めて北方稜線を縦走して池ノ平山を縦走する予定であったのだが。

7/29(土)曇のち雨

7:00扇沢 − 9:30室堂 − 10:20雷鳥沢 − 11:20別山乗越 − 12:00〜12:50剱沢 − 14:20長次郎谷出会 − 16:15熊ノ岩

朝起きると以外にも空が明るい。渋滞も無く気分よく室堂まで到着するが標高2,000mを超える高山は、やはり霧雨模様でトボトボと剱沢方面に足を進める。明日の天気が読めないため心配であるが、別山乗越から剱沢のテンバまでは時折晴れ間ものぞき快調に進む。剱沢には、たっぷりと雪があるため煩わしい高巻道も無く順調に下っていく。昨年念願かなって登った源次郎尾根が目に懐かしい。長次郎谷付近から眺める源次郎尾取り付きは、敗退したガリーなどが手に取るように眺められる。長次郎谷に取り付く頃には、霧雨が本降りに変わる。あまりよくない視界の中を熊ノ岩を目指して歩く。熊ノ岩上部も雪で覆われていたが平らな場所を見つけてテントを設営する。大きいテントを荷揚げした変わりに、シュラフを持参しなかったため寒い夜を過ごすことになる。それでもたった1張の極上キャンプで夜は更けた。


 

雨の中長次郎雪渓を登り熊の岩を目指す


熊ノ岩でキャンプ 奥は八峰


7/30(日)快晴

3:30起床 − 6:00出発 − 7:20〜7:50長次郎谷右俣源頭 − 8:00池ノ谷ガリー − 8:40三ノ窓雪渓 − 8:50〜12:20小窓ノ王付近で道迷い − 12:25三ノ窓雪渓下山開始 − 15:30二股吊橋 − 16:30真砂沢キャンプ場

夜中に目を覚ますと満点の星空であり快晴が確実である。予定通り3時30分に起床したもののグズグズしているうちにアッという間に時間が過ぎて出発が6時になってしまう。何のために早起きしたのか?これがそもそも敗退の兆候であったのだが。長次郎雪渓の右俣は数箇所クレバスが口を空けているものの、概ねつながっている。この時期にしては珍しいことのようである。最後の詰めでパックリ口を開けている場所もある。来週には雪渓も切断されそうである。池の谷ガリーはボロボロの斜面であり落石が非常に多い。自分の歩いた後に崩れてきた石がフクラハギを直撃して打撲・・・大変痛い。仲間も大きな落石を起こしてお互いにビビる。そんなことで予定の倍以上の時間がかかって三ノ窓へやっと到着する。本来の縦走路はガリーを下る時に見えていたのだが、遠めに見て難しそうであったことに加えて、三ノ窓から八ツ峰に取り付くクライマーの歩みにつられてコルへと出てしまった。ここから眺める「小窓ノ王」を斜上するようにきれいなバンドが見えたため縦走路と決め付けて取り付いてしまう。小ギャップを降りたり登ったりの結果、小窓ノ王へ登ってみようとの結論に至る。最終的には遭難プレートが打ち付けてあるフェイス直下でギブアップ。本日は三ノ窓雪渓を降りようとの結論に至る。まだまだ時間があるため次回のために道だけでも探そうと思い、色々と歩き回るが見つからず三ノ窓まで戻る。ここで池ノ谷から縦走してきた人に恥ずかしながら道を尋ねると見事に納得。フィックスロープが張ってあった。あ〜あ、下まで行ってみれば良かった。三ノ窓のインゼルは左股を通過する。細いスノーブリッジとシュルンドが大きく口を開けており恐々と通過する。まさしくロシアンルーレット状態でいつ落ちるか分からない。後で考えると安全のためにロープを出しておくべきであった。(反省)核心部分はここまでなので、後はグリセードの練習等をしながら真砂沢二股まで降りてくる。歩けば本当に長い雪渓であった。ここはやはりスキーで来るべきところのようだ。真砂沢も雪があるがところどころ高巻きしながら真砂沢のキャンプ場にたどり着いたのは5時近かった。


 

長次郎谷から針ノ木方面

熊の岩から源次郎尾根2峰を眺める

池の谷ガリーから見る八ツ峰の頭


長次郎雪渓右股上部から長次郎谷を見下ろす


長次郎雪渓の上部はクレバスが出始める


クレバスを乗り越えて長次郎谷右股へ立つ


三ノ窓雪渓から南側にルートを求めて失敗する


小窓ノ王付近で道を求めて右往左往


小窓ノ王へ取り付くが最後の壁が登れず敗退

7/31(月)晴れ時々曇り

5:00真砂沢 − 8:30別山沢源頭 − 14:00立山 − 15:40室堂

昨日の反省をして、予定どおりに6時に行動開始する。やればできるのである。今日は敗退で帰るのみであるが悔しいのでせめて立山でも登ろうと剱沢を歩き始める。15分ほど剱沢を歩いたところ左手にきれいな雪渓が見える。ここで思いつきに「雪がつながっているから、真砂沢を登ろう。」と私が提案そして仲間も了承して歩き始める。穏やかな雪渓歩きはまったく問題なく雪が切れるまで詰めあがる。ここからは、ガラガラのガレ場やザレ場歩きである。触れば抜けたり崩れたりするボロボロの岩場を苦労して歩き最後はハイマツの根を引っつかんで尾根に乗ると真下に剱沢小屋が見える。本日の核心部分は終了して一般道に出た(と思った)のである。一般道の割には荒れていると思いながらピークを踏むと別山である。(ここで、はたと気がついたことは登った沢は別山沢であったのだ。)この沢を地図も見ずに「真砂沢」と決め付けて登った自分に大反省である。真砂沢は地図で見ても水線が大きいのだ。しかし美しい雪渓歩きとボロボロの岩登りができたので結果オーライとしよう。真砂岳から立山に続く快適な縦走路を歩いて無事に室堂へ帰着した。



 

別山沢を登る 


別山沢で道のないガレ岩を適当に詰めあがる


 レンズ雲は天気が崩れる兆候 別山沢にて


今回の計画ではピークを狙わなかった劔岳本峰


 

 

剱岳の記録へ