餓鬼岳(2006.7.15-16)

海の日の連休を利用して、剱岳八ツ峰偵察を予定していたが梅雨が明けない。天気予報ではかろうじて土曜日が晴れマークである。さすがに剱岳は無理なのであきらめて餓鬼岳へ登ることになった。入山時は晴れ間が出ていたもののすぐに霧雨に変わる。白沢登山口は標高が1000m以下なので、下界と大して変わらない気温の上、異様な湿度で汗が出る。登山道から沢への取り付きは主に右岸側にヘツルように道が付いており、木製の足場や梯子がかけられているが、これが濡れていると滑って手に負えない。もっともこれが無ければ、フィックスロープでも張らなければ通行は不可能であるからありがたい。2時間ほどダラダラとアップダウンを繰り返すが、気が抜けないことに加えて標高を稼がないので気が滅入る。急登に取り付いた途端にこれでもかと思うくらいの坂が続く。今回は給水に失敗したためか1900m地点で両足の太腿内側と左足ふくらはぎが痙攣してしまう。相棒に荷物を3キロも担いでもらいながらしばらく歩いて完全に足が止まる。仕方ないので、行動食と水分を目一杯取った後に、足の筋を伸ばしきるような地獄のストレッチを行う。目に涙を浮かべてのストレッチは劇的な効果を生みなんとか復活。大凪山山頂までたどりつく。ここからは、1時間程度なだらかな尾根歩きが続くが視界はあまり開けない。2200mあたりから、最後の急斜面百曲がりに取り付くことになる。数えたら78回曲がっていた(ビミョーな計測)らしいが、あえぎながらキャンプ地に到着となった。

(行程)

7/15 - 6:30 白沢口駐車場 − 8:25 魚止の滝 − 11:05 大凪山 − 12:00 百曲取り付き − 13:45 餓鬼岳小屋 − テント設営 − 山頂付近散策

7/16 - 6:20 下山開始 − 11:20 白沢登山口

(感想)

前回登った時にも感じたことであるが、ここの登山道は傾斜がきつい上、なだらかな場所は気が抜けない。おまけに登山中の景色がつまらなくて厳しいといった苦労の集大成である。(もっとも山頂の景色は格別なものがあるが)今回の失敗の1つは地形図を持参しなかったことである。細かいアップダウンを見なかったためペース配分も何も無くなってしまった。そしてエネルギー補給に失敗したことが大きな反省点であった。下山後3日目の今日も筋肉痛である。

6:40 登山口は檜の植林

7:00 滑る木の梯子

7:00 このような橋がいくつかある

7:30 紅葉の滝手前

7:55 よく滑る

7:55 結構荒れている

9:25

10:10 松川村方面

11:06 山頂は視界無し、て言うかここ山か?

11:10 1時間は穏やかな稜線

11:20 ギンリョウソウ

11:57  有明山方面

12:37 崩落地

13:15 百曲がりへ

13:15 いんちき計測で曲がりは78回とか

13:17 有明山からの稜線

13:49 餓鬼小屋到着

燕岳への縦走路

大町市から松本市まで一望

中をのぞき見


餓鬼岳から燕岳への稜線

餓鬼岳から唐沢岳方面