針ノ木岳(2006.6.6)

今シー今シーズンの滑り納めかもしれない山スキー場所を、針ノ木大雪渓にした。白馬大雪渓を滑りたいところだが出発時間の都合があったため、またしてもマヤクボ沢を登ることにする。前回の心地よいザラメ雪が頭に残っていたが・・・・。取り付き地点は既に初夏の気配であり、大沢小屋まで夏道を歩くことになる。ザックにスキーをくくりつけているので、木の枝がひっかかりとてもうざったい。体力を使いながらやっとのことで大沢小屋に到着。針ノ木雪渓は黒く汚れている。右手には雪崩遭難の残骸であるスキー板やらストックが放置されており痛ましい限りである。平日とあって登山者はほとんど居らず仲間と二人で黙々と登る。今回の相棒は登山者なのでスキーは持参していない。マヤクボ沢は少し硬いザラメ層の上に腐り気味の雪が載っている。アイゼンは必要ないが、急斜面では一発でキックステップが決まらずに難儀する。そういえばスキー以外での雪上歩行は久しぶりなので立ちこみも十分にできていなかったようだ。あえぎながら山頂に立った時は前回よりも2時間近く時間がかかっていた。いつもどおりビールを飲むが疲れのためか酔ってしまう。そこで少し長めの休憩となる。さて、お楽しみのスキーだが、登りで完全に足を使い切ってしまったので、滑りはガタガタ、雪はグサグサ、板は傷だらけで散々であった。下山直後は滝のような雷雨、濡れなかったのがせめてもの幸いであった。

(行程)

7:30扇沢 − 8:55大沢小屋 − 10:00休憩 − 10:55マヤクボ沢分岐 − 12:15上の大地 − 13:20肩で大休止とビールタイム − 14:00針ノ木岳 − 14:15ドロップ − 16:20扇沢