唐松岳不帰3峰Dルンゼ滑降(2006.5.27)

追悼山行を兼ねた打ち上げは唐松岳、既に尾根上に雪はつながっていないのでザックに板をくくりつけて歩くことになる。天気は下り坂で一面のガスでサングラスでは良く見えない。山頂に付く頃には、幸いなことにガスの切れ間がのぞき五竜岳や剣岳が顔を出す。ドロップポイントは不帰3峰のDルンゼ、見た目だけでもゆうに40度をこえる急な斜面である。ガスが幸いしたのか何とかドロップに成功し、遭難現場までショートターンを重ねていく。黙祷後しばしの休憩をとり唐松沢を下っていくが1300m地点で滝に阻まれロープを出すことになるが、懸垂下降するのには長さが足りないため、シングルで固定してロープは残置となる。手際が悪く全員が通過するのに1時間30分も要してしまう。湯入沢でひざまでの渡渉を行い追悼を兼ねた打ち上げは無事に終了。

(行程)

7:00豊科 = 8:15八方駐車場 = 8:30ゴンドラ = リフト − 9:10八方尾根ゲレンデトップ − 9:30第2ケルン − 10:10 無名沢ドロップポイント(2100m) − 11:20休憩(2500m) − 12:15唐松岳山頂 12:35 − 不帰3峰Dルンゼドロップ − 13:00 黙祷(2100m) −13:40〜15:15滝を通過するのに1時間30分を要する(1350m) − 16:00湯入沢渡渉 − 17:00二股