針ノ木岳(2006.5.21)

今年は異様に雪が多い。したがってスキーシーズンはまだまだ続く。白馬大雪渓か針ノ木雪渓の滑降を検討したが、先日の雨で雪崩が心配だったので比較的安全な針ノ木雪渓を行くことにする。(先週雪崩事故があったばかりだけど)今回は宴会もコミなので扇沢の砂利駐車場でオートキャンプである。幸い車も少なく迷惑をかけることが無く楽しい夜を過ごすことになる。一夜あけるとすばらしい青空がひろがっていた。こんなに良い天気の日は当初予定の蓮華岳では勿体無いので、マヤクボ沢をあがって針ノ木岳へのピークハントになる。快調に高度を稼ぎ11時過ぎにはピークに立つ。(マヤクボ沢は先行ステップがあったのでありがたく利用させていただき、ツボ足でのぼることにして板は引きずった。今日はこれが正解で大幅な時間短縮ができたようだ。)針ノ木岳での展望は初めてである。すばらしい眺めをまだまだ堪能したいところであるが、今回の目的は極上ザラメ雪の滑降なので、ピークを目指して登ってくる仲間を待つことなく滑降を開始してしまう。斜度はあるがザラメ雪なので気持ちよくすべることができる。極上の斜面を滑降して登ってくる仲間と合流してから再び登り返すことにする。疲れはしたがおかげでこの極上斜面を2回も滑ることができた。針の木雪渓の下部はデブリがほどよく潰されているので下るだけなら問題なし。来週もまだまだ滑れるだろう。

(行程)

7:10扇沢駐車場 − 8:10大沢小屋 − 9:50マヤクボ沢出会 − 10:35小広場2550m − 11:20針ノ木岳 − 11:50ドロップ − 12:45仲間と合流してビールタイム2550m − 13:10針ノ木岳肩 − 13:40ドロップ − 15:15扇沢駐車場

扇沢駐車場オートキャンプ

松阪牛切り落とし

駐車場近景

堰堤沿いを歩く

今日は快晴

デブリの名残

針ノ木谷

山岳協会講習会

大沢小屋付近

針ノ木谷

ボードを引きずる

結構登った

ピークも遠い

ここも滑ろう

仲間を待たない

爺ヶ岳

蓮華岳

マヤクボ沢

あと少し

高瀬ダム

薬師方面

蓮華岳

スバリ岳

そして山頂

どこだ?

高瀬ダム

どこかにゃあ

黒部湖

針ノ木北面

針ノ木雪渓下部

スバリ岳と赤沢岳

爺かな?

マヤクボ沢ドロップ

針ノ木岳詰めの雪壁

マヤクボ沢

マヤクボ沢滑降