双六岳〜黒部五郎岳〜三俣蓮華岳(2005.5.4〜5.7)

昨年に引き続き今年も新穂高温泉からの入山となりました。ゲートを過ぎて10数分で道に雪がつながりシール歩行が可能となりとてもラッキーです。昨年の帰りにボルダリングで遊んだ岩がほぼ雪面と同じであったことから、昨年より2メートルは雪の多いことがわかりました。わさび平小屋からすぐの下抜戸沢の巨大なデブリは山のように盛り上がり高さは数10mにも及んでいるため足がすくみます。それでも快晴に救われて高度を稼ぎ弓折岳に到着。昨年は稜線通しに双六小屋を目指しましたが、今年は比較的早い到着だったので予定を変更して2622mピークの西面を滑降し、双六谷右俣から双六小屋へ到着となりました。

(行程)6:10(新穂高温泉) − 8:05(わさび平小屋) − 9:35(奥抜戸沢出会) − 10:40(秩父沢本流) − 13:15(弓折岳) − 15:50(双六小屋)

わさび平を過ぎてからは、大ノマ乗越の雪庇を避けて弓折岳のピークに立つ。弓折岳よりひとつ先のピークからトラバース気味にドロップして双六谷へ滑り込む、その後は双六谷右俣を詰めて双六小屋へ到着。


 

1日目の記録(新穂高温泉〜弓折岳〜2622m北西面滑降〜双六谷右俣遡上〜双六小屋)

2日目の記録(双六小屋〜丸山西面滑降〜黒部五郎小舎〜黒部五郎岳〜五郎カール滑降〜三俣蓮華岳〜双六岳〜双六小屋)

3日目の記録(双六小屋〜双六岳〜双六谷滑降〜2622mコルへ向けて沢を遡上〜弓折岳〜南面滑降〜新穂高温泉)

7:40 昨年ボルダリングした岩だから雪は2m以上は多いですね

8:40 下抜戸沢の巨大なデブリ


9:35 秩父沢も落ちた雪庇と雪崩の痕跡

11:42 大ノマ乗越を避けて弓折岳へ向かう


11:47 休憩ポイントは最後のダケカンバ

12:47 穂高連邦を振り返る


12:48 大ノマ岳の雪庇

13:13 槍ヶ岳と飛騨沢


13:20 弓折岳にて

13:20 アホな記念撮影


 

14:30 稜線を行かずに2622m西面を滑降

 

14:43 双六谷出会い付近まで降りて


15:17 双六谷右俣を遡行

15:48 今夜の宿に到着


15:55 鷲羽岳を眺めてまったりと過ごす


1日目の記録(新穂高温泉〜弓折岳〜2622m北西面滑降〜双六谷右俣遡上〜双六小屋)

2日目の記録(双六小屋〜丸山西面滑降〜黒部五郎小舎〜黒部五郎岳〜五郎カール滑降〜三俣蓮華岳〜双六岳〜双六小屋)

3日目の記録(双六小屋〜双六岳〜双六谷滑降〜2622mコルへ向けて沢を遡上〜弓折岳〜南面滑降〜新穂高温泉)