常念岳滑降(2006.4.29) SHL-Kルート

お勧めの常念岳詣でに同行した。本日は快晴だがいかんともアプローチが長い。しかし苦労して山頂まで登った甲斐があって素晴らしい景色が堪能できました。モナカ系の雪ではあったけれど快適な1日でした。

(記録)

シールを貼るまで、あまりにもアプローチが長いのが欠点だ

沢を詰め上がり、雪庇を避けて常念小屋の上に出る

稜線はアイゼンを装着したまま岩の間の雪を狙って担ぐ

前常念岳分岐をわけて山頂を目指す

山頂からの絶景を堪能してドロップポイントへ向かう

細い尾根を高度を落とさないように慎重にトラバースして

快適なザラメ雪を期待したが、上部はモナカ気味であった


前常念岳分岐付近から常念岳を見上げる