針ノ木雪渓と蓮華大沢(2006.4.15)

3ヶ月も前から計画していた、仲間とのツアーに参加することになった。10名以上の大所帯で、半分以上は初顔合わせなのでなんだかよく分からない。今日の天候は高曇りだが今夜は天気が悪くなるらしい。ということで今日、針ノ木雪渓へ取り付くことになった。ところがいくらも歩かないうちに鳴沢からの巨大デブリに度肝を抜かれることになる、針ノ木本流も中央部分はデブリに埋もれているため、左寄りをトラバース気味に登ることになるが、片斜面のみの歩行では本当に嫌になる。9時10分赤石沢との出会いに到着。ここまではなかなか良いペースである。これはD婦人が驚異的なペースで引っ張っているからである。ところがここの出会いでは、針ノ木本流が巨大なデブリに埋め尽くされている。あいにくのガスで上部の見通しがきかない。このデブリではとても針ノ木雪渓を歩く気になれない。赤石沢を詰めることも考えたが人数が余りにも多い上に、隊列がかなりの縦長になっている。ここで予定を変更して大沢小屋まで下り蓮華大沢へ取り付くことにする。若干のデブリはあるものの広大な下部から二股までは快適な登りで、滑降するにも良さそうだ。ところが二股まで登ると、両俣ともデブリである。ここで全員集合しての作戦会議となる。赤石沢を滑る体育会系AさんとNさん。そして蓮華大沢下部の快適な滑降を目指す人、私は行ける所までを目標に左俣に取り付いた。累々としたデブリを縫うようにジグを刻んで登り出す。二股から標高にして200mほど稼いだ次の二股2150m地点で再び作戦会議。デブリの状況から見て登ったところで滑降は難しい上、ツボ足では雪を踏み抜いて歩くのに時間がかかる。ここで登高を断念してやむなくデブリを滑ることになる。ボコボコした雪の中を悪戦苦闘で先ほどの二股まで滑降して乾杯。下るのには時間が早いので次は右俣へ続く尾根の急斜面をトライすることになる。薄いデブリの上に雪が載った状態であるが軟雪なので、いいカンジである。多分今日イチバンの斜面であろう。快調に下ってから仲間を撮影しようと・・・・がーん、カメラが無い。しかたなく空身でもう一度同じ場所まで探しに出かけるがやはり発見できずにしょぼくれることになる。そうこうしている内に赤石沢まで出かけたメンバーが戻ってきたので本日は終了。仲間が用意してくれた立派な宿で遅くまで酒宴を張ることになった。

変わって翌日、昨夜降った雨は朝方に雪へ変わり、5cmほどの積雪がある。天候は天気予報に反して回復傾向にあるが、二日酔いとデジカメを紛失したショックで再び針ノ木へ入る気分になれずに撤退することになった。山頂を目指した仲間は、小屋まで登ってから無事滑降したとのことである。


大沢小屋付近のデブリ
赤石沢出会いから大沢出会いまで雪を拾って滑降

デブリの中を蓮華へ向かう
関電の保養所に宿泊してから大挙して針ノ木雪渓を登るがガスガス