焼岳(2006.4.9)

関西からの仲間と合流して平湯で酒宴を張り、翌朝釜トンネルからの取り付きとなる。春に珍しく昨晩から降った雪は、道で15cmくらいであるが、ゴールデンウイークの準備で除雪車やらトラックが行きかっている。シールをつけて歩きたいところであるが直前に除雪されてしまったのでツボ足歩行になってしまった。渡渉地点を探しながら歩くが梓川を渡る場所が無く結局「からまつ橋」を渡り林道に取り付く。先行トレースは林道から夏道に向かっているが、地形図と相談した結果、1738mへ向かって取り付くことにする。昨晩の雪は深いところで30cm程度あるがラッセルが苦になる深さではない。オールラッセルではあるが快適な登高で2100m地点くらいまで登るとデブリが現れる。昨日の雪で気持ちが悪いため、雪崩を避けるためルートを右手の尾根側にとりドロップポイントへ到着。あと数10mのピークハントも検討したが氷の状況をみて取りやめドロップする。やや重であるがこの時期には珍しいパウダーを堪能する。今回はスノーボーダー同行であり、登り返しを避けるため一般ルートの滑降となった。緩斜面の疎林はそれなりに楽しめたが、次回来るときは登った北面を滑降したいところである。

帰宅してみると小遠見山、安房山、笠ヶ岳など雪崩遭難ニュースのラッシュ。当初予定していた鑓ヶ岳での宿泊は取りやめて正解だったようだ。

(行程)7:20釜トンネル(1315m) − 8:00釜トンネル(1461m) − 9:45(1738m台地) − 11:00(2032m) − 12:25〜13:00(2415mドロップポイント) − 13:25(2034m) − 14:16(1500m林道終点) − 14:54(1452mからまつ橋) − 15:40釜トンネル(1461m) − 16:10鎌トンネル(1315m)