四ツ岳(2006.3.25)
何と言っても、素晴らしい天気と無風状態の中で山スキーを堪能することができました。登りに要した時間は5時間、そして下りは2時間30分。下りに時間がかかっていますねえ。そうです、写真は美味しい部分だけをクローズアップしているのでオープンバーンをバシーンと滑っているようなに見えますがほとんどは藪斜、しかもアイスバーンとモナカのミックスで足をとられかなり苦しみました。濃い藪の中では現在位置の特定も難しく、狙った渡渉地点より下りすぎてしまい登り返すというおまけ付でした。しかしここの景色は素晴らしいのでパウダーの時期に登ってみたいものです。

☆記録☆


7:10凍り道を歩く


8:10藪斜を這い上がり尾根に乗る



8:30スノーブリッジを利用して渡渉


8:30渡渉地点



10:25大崩山かな


10:50疎林になってくる



10:50快適な登り


11:15岩峰は直登せずにトラバース気味に登る



11:20快晴の中で大休止


11:20いいカンジでしょう



11:20上部を見上げる。これもいいカンジ


11:40下山に使おうと、狙いをつけた斜面



11:40穂高連邦吊尾根


11:40笠ヶ岳



12:05ピーク直下から・・遠くに常念岳


11:20ピークから遠くに富山県の山並



11:20乗鞍岳


11:20前穂高岳と常念岳



11:40山頂から大崩れと猫かな


13:15今日イチバンの大斜面



12:20山頂からのパノラマ