金山沢(2006.3.18)

3月の連休は天候が荒れ模様、彼岸の入りの土曜日は日中は晴、そして夕方からは大荒れになる天気予報であった。日帰りで参加できるコースを企画者が設定、お馴染みのコースを快調に登る。天候は高曇りであるが日差しもあり暑いくらいである。参加人数が多かったため、隊が別れてしまい目的地で30分ほど待つことになる。さすがに稜線は強風で体が冷えるのでツェルトを被って休憩する。こんな布1枚で大分違うものだ。時間があったためもう少し上まで登ってF沢を滑りたいところだが、予定外のコースのためアイゼンを持参していない。経験者の観天望気から天候を予想し、当初予定通りにドロップインとなる。40度くらいの急な入口は先日の雪がクラストしているが、自分にとっては湿雪で足をとられるよりは滑りが楽である。以下徐々に変化する雪の中を十分に堪能し、意外と早い時刻に安全地帯まで到着することができた。以前同じ沢を下ったときに、メンバーが骨折した負傷者をツェルトを使って救出したとの昔話に花が咲く。話に花が咲いた結果、時間もあることだからと搬出訓練を行った。林道を下ってデポした車を回収するころには雨が降り出した。

☆記録☆


ドロップポイント、空模様が怪しくなる


沢の下部


負傷者搬送訓練


林道歩き