乗鞍岳山スキー(2006.3.8)

今年初めての冬休みを取得して仲間を誘い乗鞍高原へでかけた。毎週のように山に出かけているから特に平日行く必要が無かったのだが・・・。天気予報では今週末があまりよくない、従って今週末の山スキーは微妙な状況である。昨日はドピーカンで今日も晴れ間が続くとの天気予報を全面的に信じての出発。ゲレンデトップでは平日にも関わらず数人が登る準備をしている。そそくさと準備を整えて出発、ところがガス気味で視界があまりよくない、寒くないのは大いに救いだが・・・。快調に高度をかせぎ位ヶ原手前の斜面を登りきったときには出発してから1時間20分の経過、とても良いペースだ。ところが乗鞍岳お約束の強風と地吹雪にさらされる。ガスで視界が良くないが何度か足を運んだ経験を基に高度を稼いでいく。2700m手前の目印、バス停の屋根がみえるところまできたがここで完全にホワイトアウトとなる。しかも吹き付ける風が急速に体温を奪う。協議の結果下山を決定。(折角ピッケルとアイゼンを持ってきたのにトホホ)登ってきたところを忠実に戻ってているつもりだが進路を若干外れて南に寄りすぎ道迷い気味になる(もっとも道などないが)。少し心配するが無事にトレースを発見してゲレンデトップへ帰着。そう言えば昨年までは竹竿に赤布が随所にあったのだが今回はひとつも無かった。雪は若干のモナカだがところどころパウダーもあり良しとしよう。
ゲレンデまで戻ったら太陽が顔を出していてとても暖かい。1時間ほどゲレンデスキーを楽しんでから温泉で入浴。ああなんということか・・・・山頂が綺麗にみえていた。


(詳細)9:30乗鞍高原ゲレンデトップ(1990m)  -  10:30位ヶ原手前の急斜面(2300m) - 11:20位ヶ原埋もれたバス停付近2650m - ホワイトアウトの中を若干迷いかけて - 12:15ゲレンデトップ  - ゲレンデで1時間ほど遊ぶ - 14:30入浴

ゲレンデトップの先客

やわらかな日差しの中を出発

すこしモナカ気味だが良い雪質

景色が冴えない

ここを登ると

位ヶ原手前の急斜面

登る前に1本

CL

強風の予感は

いつも期待を裏切らない

瞬間的に乗鞍の前山が覗くが

以後ホワイトアウト寸前で下山

ゲレンデに帰りついたら

快晴であった

山頂だって見えている

それでも満足でした。