横前倉山「岳人」取材ツアー(2006.2.25〜2.26) 
山スキー特集2007パウダー編「栂池北部横前倉山シーハイルルート」として、2006年12月号に掲載


横前倉山岳人取材山行(2006.2.25-26)

初日は快晴、栂池高原のゴンドラから天狗原に向かう。荷物が重いため底打ちするパウダーをうまく滑ることができずに苦しむ。テンバに予定した風吹大池で早速キャンプを設営して日帰り組と別れを告げる。一休みした後取材場所である横前倉山の北峰に登る。当初は北面滑降の予定であったらしいがシュプールがついていたこともあり、北東斜面に入ることにする。日が翳りクラスト気味であるがため撮影の邪魔にならないように隠れながら滑っていく。撮影しながら400mほど下り、夏道沿いに沢をいくつかトラバースしながらBCに戻った。夜は取材スタッフのテントに入れてもらい熊・鹿肉に舌鼓をうちながらの楽しい宴会になった。

2日目日は、目が覚めるとうってかわっての暴風雪になっている。二つ玉低気圧が来ているようだ。天気がもてば蒲原山経由で湯原に下りる予定だったとのことだが、稜線を歩ける天気ではない。小屋の裏から夏道沿いに北小谷を目指すが風が強く難儀する。小屋の先から滑降に入る。風に耐えられず数回転倒する。二つの沢をトラバースした後真下に板を向ける。完全にゲストになっている自分はどこにいるのかもわかっていない。少し下ると急な沢が行く手を阻む。ビビリはするがもはやどうしようもない。雪崩そうな斜面を下り夏道のある細い尾根になんとか到着。見覚えのある場所まで来たとのことである。腐った雪を滑りながら林道に到着。このころから雪がミゾレになり雪質が更に悪くなる。南股沢との出合で、シールをつけて上り返す。その後ずぶぬれになりながら来馬の集落を目指す。悪雪に苦しめられながら集落に到着。強風と雨の中を急ぐメンバーを追いかけながらヨタヨタと付いていった。北小谷も暴風雨の状態。温泉に直行し体を温めた。全く冬の台風で散々だ。

6:05(豊科) = 8:00(栂池高原) = 8:45(ゲレンデトップ)  −  9:30成城大学小屋 − 10:30(天狗原2004m) − 11:30(唐松沢1600m) − 12:20風吹大池(キャンプ設営) − 13:30(取材出発) − 撮影 − 14:55(1470m横前倉山北東斜面を中心に沢をトラバースして夏道に入る) − 16:00(キャンプ着)

7:10(出発) − 7:22(1780mシールをはずす) −8:20 (1115m)※ここまでの1時間は強風に煽られクラストした谷を慎重に行動する。ことに温泉の臭いがしてくる直前の急斜面は雪崩の危険が感じられた − 8:45(889m)林道にてシールを装着し、沢を渡る。このあたりで土砂降りの雨に変わる。 9:15(シールをはずして最後の滑降)



鹿肉の味噌炒め