乗鞍スキースキー(2006.2.4〜2.5)北アルプス専科
LC-3、猿と渓谷、囲炉裏村のいんちきなメンバーばかりが集まって新年会を計画した。計画名は「おきらくのりのりのみくらべのりくらスキー」。初日は、乗鞍高原スキー場のゲレンデで練習、そして2日目は乗鞍岳へ山スキーという豪華な計画である。宿泊場所の「ロッジグリーンウッド」に集合するも早速大量に持ち込んだ酒で宴会が始まってしまい誰もゲレンデに行こうとしない。温泉に入る奴まで出てくる始末である。昼も過ぎたころから重い足取りでヨタヨタと数本滑ってスキーは終了、メインイベントのみくらべのりくらに突入して夜はふけた。さて2日目、今日が本番である。ゲレンデトップに到着したのが9時40分、まあまあの時間である、やたら寒くてマイナス16度の気温である。空は晴れているが山頂方面はガスがかかっている。いつもの乗鞍である。こしまり雪の中を快調に歩き1時間20分ほどで位ヶ原直下に到着。雪が舞いだしガスがかかり強風の様相を呈している。とりあえず偵察をかねて空身で位ヶ原まで登る、やはり風が強くて寒い。気温はマイナス20度くらいか?体感温度はもっときびしい。あっさりとここをゴールと決めて数本の小パウダーを楽しむことになる。快適なターンが決まると寒さもぶっ飛ぶ(これは嘘)。寒さの中で登り返して滑る気力を失ったメンバーは雪穴を掘り宴会の準備、結局ここで飲むことになった。寒さのためほろ酔いにもならない状況で終宴とし、ゲレンデに戻ったら太陽が顔を出していた。

初日ゲレンデ前に早速

ゲレンデにすら出かけない

将来はモーグル選手

全く飲めないので憂鬱

9:40 ゲレンデトップ

晴れている

快調に

トボトボと

緩斜面はだるい

元気いっぱい大阪3号

まだ日差しはあるが

曇ってきた

位ヶ原直下で悪天の兆し

ガスの中をまず一本

マイナス20度

強風でもう登るつもりなし

穴掘り職人の腕前は2級

ツェルトで屋根を作る

暖かければ良いが

ひたすら滑りたいテレマーカー

入口がでかいが雪洞

テーブル用の雪を切り出す

乾杯準備開始

乾杯

なかなか熱燗にならない

寒い

ゲレンデトップで晴れ間が

下界はほぼ晴れ