蒲原山(2006.1.22)

 湯原の林道を行き止まりまで入り、路肩への駐車をして蒲原山への取り付きとなる。さすがに地元の人間でもこの時期には入らないようである。先週の雨以来、ほとんど雪が降っていないのか、硬いバーンに10cm程度軽い雪が乗っただけである。取り付き地点を勘違いしたため一本北側の沢に入り込んでしまう。カチカチの斜面の中、クトーをつけて苦しみながらジグザグに登りやっとのことで尾根に乗る。ここからは順調にブナの気持ちの良い斜面を登り、蒲原山北東の尾根に乗る。その後ダラダラの尾根を頚城や日本海の絶景を楽しみながらひたすら登っていく。

 1420m峰からは、たおやかな斜面を歩き蒲原山山頂の平原に到着する。山頂は風が強かったが南には横前倉山、西に北ア主稜の雪倉・朝日の絶景を眺めることが出来た。風を避けて早々に引き上げ、1420m峰へ向けて滑降を開始する。緩斜面ではあるが最高の雪質でパウダーを満喫した。1420m峰を東から巻き、前沢の左股の斜面に入っていく。ここも同様に最高の雪質である。1000mまで沢を下り尾根を一本乗り越して大休止を取る。

 登路に使った尾根へシールで登り返し、湯原への斜面へと滑り込んでいく。この斜面は、新雪が浅いせいか時折、板が底着きして滑りにくくなる。最後は車を駐車した場所へ無事に滑り込んだ。下山後、小谷の道の駅で入浴、知らなかったため無料と勘違いしてタダ風呂に入ってしまった。

(行程)

湯原390m(08:37)〜蒲原山山頂1620m(12:20〜12:40)〜前沢1000m〜蒲原山北東尾根1090m〜湯原390m(14:30)



やっと広い尾根に乗る



快晴



景色を眺めながらの優雅な登り



すばらしい眺めで歩くのが楽しい



快晴です



ピーク付近は樹氷



絶景



山頂からの展望



テレマーカー



ブナ林



快適な緩斜面



新車に乗る



上機嫌



快調に飛ばす



休憩適地