雨飾山 (2006.1.9)

北信地方の大雪がうそのように晴れあがっている。移動中の車中では外気温がマイナス16度と厳しい寒さである。路面凍結により予定時刻より30分ほど遅れて現地に到着。早速準備してスタートする。先行者が4名いるようなので喜んだのも束の間、冬山トレッカーたちなので目的地が違う。結局トレースを頂くことなく別れることになる。オー氏の案内でラッセルに入る。1時間ほどは水平移動のラッセル、若干雪が重いが順調に距離を稼ぎ、P2から南へ伸びる尾根から取り付く。日陰の沢は雪が軽い代わりに深くてスキーが潜る。無名××に到着したのはちょうど昼、残りは標高差にして300メートル少々あるが、大休止をとることになる。見上げれば百名山やまピーク、見回せば360度の展望である。「こんな日に山スキーに来ない奴は・・・・」などと軽口がでる。最後の登りは南斜面、背中に照りつける日ざしが暑く、粘りつくような雪が足に重くなる。それでもこの雄大なバーンを滑ることを思い描きながら出発して4時間でP2に到着。

ドロップインはオープンバーン、これがすばらしいパウダーで二人が絶叫マシーンとなって飛び込んでいく姿が目に映る。ここちよいパウダーを楽しんだ後は、万一の雪崩に備えて樹林帯の中を走る。日陰なので雪質もよくご機嫌で林道までたどりつく。最後のアルバイトはシールをつけての下りラッセル。疲れた足に1時間の水平移動は堪えるが今日の自慢報告をしようとほくそえみながら帰路についた。


10:15埋もれた林道付近を歩く


10:15


10:20 水平移動が続く


10:20 水平移動が続く


10:40 結構深い


11:20 日陰の沢へ入る


12:00


12:25


12:32 オープンバーン


12:37 頚城方面


13:09 振り返る


13:20 ピーク


13:31 P2の雪庇とピーク


14:03 滑る


14:43 


14:55 水平移動