妙高前山(2006.1.7)
メンバー:6名
天気:大雪
降り続く大雪は勢いが衰える様子もなく、午後から再び強く降り出す天気予報である。自衛隊の災害派遣が求められているだけあって赤倉へ向かう道は雪の壁である。9:15ゲレンデトップに到着、体験入会を希望していたエスが、足の不調を訴えたため一緒に登ること無く下山。ゲレンデで1本試走した後、前山に向かって取り付く。先行者1人のトレースなのか、昨日のトレースなのか薄いトレースをたどる。大量降雪の割にはラッセルが厳しくなくて助かる。途中で雪を舞いあげて滑走していく先行者をうらやましげに眺めながら更に登る。吹き付ける北風が頬に痛いが1時間20分ほどで山頂へ到着。今登ったところを1本滑ってみたいような雪だが、降雪中の上、更に天気が崩れる予報であるとのことで、11:45××尾根を滑走開始。あまりにも雪が軽くて気分が良いので上達したように錯覚してしまう。皆も会心の笑みを浮かべているかか絶叫しているに違いない。少し混んだ林も混ざるが、アッという間の15分で500mの標高差を降りてしまう。ここで広い尾根の真ん中を順調に下っていることを確認する。しかしこの後も、あまりにも滑りやすい斜面が続くため、××m付近から派生する支沢に誘われ進路が東によってしまうが、まあ問題ないだろう。GPSで位置確認して更に下る。12:30約××m地点に着く。前山まで突き上げる本沢へ合流するあたりは傾斜も急で崖が1カ所ある。逃げ場がないので感じ悪い場所である。そうそうに通過して××m地点。ここでシールを装着し若干登り気味にトラバースしてリフト降り場のゲレンデに合流して本日の予定終了。